スポンサーリンク

【ゲーム小話:第2話】2020年上半期にプレイしたゲーム ベスト5+1

ゲーム小話第2話▶ゲーム小話

気が付けば2020年も、もう7月になります。

いや~~~。

早いですね。

今回の小話は、2020年上半期にプレイしたPS4のゲームの中で個人的ベスト5と、追加で1本プラスして紹介していきます。

では、いってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【1位】『ホロウナイト』

ホロウナイト
画像は『ファミ通.com』より引用

1位と2位はかなり迷いましたが、最終的に『ホロウナイト』に決定しました。

私がプレイしてきた2D探索型アクションゲーム(メトロイドヴァニア)の中では、ずば抜けて1番です!

底が見えないほど広大なマップ。

精密かつ緻密に調整されたアクション。

超大作並みのゲームボリューム。

ダークソウル……いや、それ以上と言わんばかりの難易度でありながら、プレイする手が止まらなくなるほど熱中するゲームバランス。

とんでもないゲームです。

私がクリアまでにかかった時間は39時間ほどですが、その後もプレイが止まらず80時間以上も遊び倒しました。

それでも、すべてをやり尽くせていないという……w

マジで続編が出て欲しいです!

🔽『ホロウナイト』のレビュー記事はこちら

【2位】『ファイナルファンタジーⅦリメイク』

FFⅦR
画像は『ファイナルファンタジーⅦリメイク』公式HPより引用

1位にするか迷いに迷った作品はこれ。

『ファイナルファンタジーⅦリメイク』

とにかく、オリジナルからの進化の度合いが凄まじかった!

泣きながらプレイしてましたもんねw

もはや、映画としても成立するほどの圧倒的なグラフィックや、大幅に加筆されたストーリー。

FF13がATBの完成形と思っていましたが、「まだ進化できるのか⁉」と驚かされたバトルシステム。

そして、エアリスとティファw

特に、私が一番感動したのは音楽。

思い出補正が強いからだと思うんですが、本当に泣きながらプレイしてましたよw

あとは、「続編がいつ出るのか?」というは誰しも注目しているところですよね。

出来れば、続編が出る前に『クライシスコア ファイナルファンタジーⅦ』をリマスター版でいいので出してほしい!

🔽『ファイナルファンタジーⅦリメイク』のレビュー記事はこちら

※記事後半にネタバレがあります。

【3位】『龍が如く7 光と闇の行方』

龍が如く7クリアレビュー
画像は『ファミ通.com』より引用

3位は『龍が如く7 光と闇の行方』

これまでの『龍が如く』シリーズの喧嘩アクションと決別し、ターン制バトルへと舵を切った今作。

本音を言うと、超不安でした。

しかし、これほどまでにマッチするとは思いませんでしたよ!

さらに、ストーリーがアツい!

『龍が如く』シリーズはすべてプレイしてますが、『龍が如く0』と肩を並べるほど素晴らしいストーリーでした。

シンプルに泣きました。

……なんか泣いてばっかだなw

『龍が如く』シリーズは、ナンバリングタイトルの発売サイクルが比較的早いので、続編も期待です。

🔽『龍が如く7 光と闇の行方』のレビュー記事はこちら

【4位】『ラストオブアス パート2』

画像は『ファミ通.com』より引用

4位は『ラストオブアス パート2』

サバイバルアクションとしてのゲームシステムは「素晴らしい」の一言です。

『バイオハザード』の様な恐怖感と、『メタルギア』のような緊張感がとんでもないです。

グラフィックがさらに洗練されたことによって、恐怖感は倍増しましたね。

「うお!」

「ゲッ!」

「おあぁぁぁぁぁぁぁ!」

みたいな擬音を発しながらのプレイになりましたw

また、ストーリーは賛否が分かれると思いました。

言葉がうまく思いつかないのですが、色々と”ショッキング”なんですよ。

あと、”善”や”悪”が見方によって全く違うので、心を締め付けられることも……。

ただ、名作であることは間違いないかなと思います。

復讐とは何なのか?

誰にとっての復讐なのか?

それは”悪”か?

多くのことを考えさせられるゲームです。

🔽『ラストオブアスパート2』のレビュー記事はこちら

※記事後半にネタバレがあります。

【5位】『ライフイズストレンジ』

ライフイズストレンジ
画像は『Life Is Strange』公式HPより引用

プレイヤーの選択によって物語が変化する「オープンシナリオアドベンチャー」ゲームです。

このゲーム。

結論から言うと「プレイする”ドラマ”」です。

とにかくプレイする手が止まらなかった。

それほど圧倒的な没入感を持っています。

「選択する」という”苦悩”と”覚悟”、そして思い通りに行かない”不条理”はまさに人生そのもの。

特に最後の選択は、選択を放棄したくなるほど本当に悩みます。

さあ……

次は「あなた」の番です。

🔽『ライフイズストレンジ』のレビュー記事はこちら

【プラス1】『ドラゴンボールZ カカロット』

ドラゴンボールZKAKALOT
画像は『ファミ通.com』より引用

こちらも非常に面白いゲームでした。

グラフィックが強化されたことにより、アニメと変わらない映像にもビックリしましたね。

ストーリーはアニメ版と変わらないんですが、グラフィックの良さも相まって、「アニメの追体験が出来る」感覚はこの作品が1番でした。

『ドラゴンボール』を知らない人にもオススメしたい作品です。

🔽『ドラゴンボールZカカロット』のレビューはこちら

まとめ

軽くサッとまとめるつもりが、結構ボリュームが膨れ上がってしまいましたw

上半期のPS4のゲームで言えば、去年ほど注目しているゲームは多くなかったですが、やっぱ「良いものは良い!」です。

特に『FFⅦR』と『ラスアス2』の”ロード時間ほぼ無し”は、かなり驚きました。

PS4でPS5の擬似体験をしてる様なものですからね。

ストレージの量が多いことや、本体のファンの音が大きくなるというある種の”犠牲”はありますが、それを差し引いてもメリットのある事でした。

下半期は『ゴーストオブツシマ』や『サイバーパンク2077』などが控えていますが、やれてないゲームも進めていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました