スポンサーリンク

【レビュー】デビルメイクライ5(Devil May Cry 5)の感想

デビルメイクライ5▶ゲームレビュー

【個人的評価】4.0

【結論】ハイスピードバトルアクションで、これ以上爽快感のあるゲームはない!

こういう人にオススメ
  • テンポ良いアクションゲームをしたい人
  • クールな世界観が好きな人
  • ストレスを発散したい人
  • イケメン好き
スポンサーリンク

ストーリーについて

簡単にまとめると『人間界に侵攻してくる悪魔たちに、3人の悪魔狩人(デビルハンター)が立ち向かう』という物語。

Devil May Cry 5 – Final Trailer(日本語ボイスVer.)

動画は『CAPCOM:デビル メイ クライ 5 公式サイト』より引用

シリーズをとおして、内容はシンプルかつとても分かりやすい

とは言え、シリーズもので各登場人物につながりもあるため、経験者向けのゲームに思える。

デビルメイクライ5(以下、DMC5)は、前作から11年たって発売されたこともあり、これまでの話をまとめた「ヒストリー」が用意されている

DMC初心者はもちろん、経験者も含めて、最初に見ておくことをオススメします。

DMC5では、3人の主人公がそれぞれの時間軸でストーリーが進みますが、個人的に”V(主人公の1人)”のパートがちょっと中だるみ感があったかなというくらい。

最終的にそれぞれのストーリーが1つに集約されるのですが、グッとくるものがあり十分楽しめます。

3人の主人公のバトルスタイル

ネロ

ネロ

画像はAmazonより引用

DMC4の主人公。移動式便利屋「Devil May Cry」で悪魔退治を行っている。

剣と銃、そして『デビルブレイカー』という義手を駆使してバトルを行う。

デビルブレイカーの種類も豊富で、それぞれ特性に合わせたバトルが可能だが、壊れやすい。

自分にあったデビルブレイカーで、独自のバトルスタイルを確立する

ダンテ

ダンテ

画像はAmazonより引用

DMCシリーズ歴代の主役

銃や剣はもちろん、格闘・バイク?・ヌンチャクに加え、バトルスタイルの切替など多彩な攻撃ができる。

圧倒的な攻撃力が魅力的

V(ブイ)

V

画像はAmazonより引用

素性が全く謎の主人公

近距離攻撃▶シャドウ 遠距離攻撃▶グリフォン  召喚▶ナイトメア

という、3体の魔獣を駆使して戦う。

基本的に魔獣が攻撃を行い、HPがゼロになったらVがとどめを刺す、というバトルスタイル。

ネロ・ダンテと操作性が全く違う為、意のままに攻撃するにはかなりの慣れが必要

バトルシステム

バトル

画像はAmazonより引用

DMCは、シリーズ通して『スタイリッシュアクション』というド派手で爽快感あるバトルが特徴的。

DMC5は、さらにプレイの滑らかさが追加されたように感じる。

おそらく「RE ENGINE」というゲームエンジンのおかげだと思うが、ち密なグラフィックを高フレームレートで動かせる技がそうさせているのかもしれない。

また、今作では「いつまでもつながり続けるコンボ」が非常に中毒性が高い!

特に主人公の1人である”ダンテ”が顕著だ。

ダンテは、3人の主人公の中でもっとも多くの武器を装備できる

それゆえに、バトルスタイルの幅が無限と思えるほど広い!

非常に難しいが、極めると敵(悪魔)が死ぬまで空中に浮かしてコンボを決めることができる。

また、初心者にもやさしい『オートマチックアシスト』が素晴らしい。

アクションが苦手な人でも、ボタン1つでコンボが繋がるのだ。

そのため、「入口がひろく、奥は底なし」という今回のバトルシステムは本当に凄いと思った。

ただ、個人的に残念に思えたのは”V”の操作性

”ダンテ”と”ネロ”の操作性が非常に優れてていたために、”V”のクセのある操作にストレスを感じた

途中、”V”でミッションを進めるのが面倒に感じたのでここで★1点分減点。

難易度

ダンテの圧倒的攻撃力やオートマチックアシストなど、道中は比較的簡単だがボスは強い

しかし、ゴールドオーブ(死んでも復活する)がログインボーナスでもらえたりするので、クリアランクを気にしなければ”ややぬるめ”という印象。

ただし、ラスボスはめちゃくちゃ強い

これまでためたゴールドオーブをすべて使い切るほどの強さで、非常に歯ごたえがあって楽しい。

決してクリアできないわけではないので、攻撃パターンを覚えながら、反撃すれば必ず活路は開ける。

ブラッディパレスで技の研鑽にはげめ!

ブラッディパレス

画像はAmazonより引用

DMC5は、ストーリーをクリアしても終わらない。

むしろDMC経験者は、ここからが始まりかもしれない。

その理由が『ブラッディパレス』にある。

『ブラッディパレス』 とは、各フロアに出現する敵を倒して進むバトルモード。

フロア数は全101フロア。しかも、途中で死ぬと最初からやり直しの”修羅モード”だ。

フロアを進めるごとに敵の数や攻撃も激しくなり、80フロア以降は敵も”デビルトリガー”を発動し、苛烈さを増す。

さらに、制限時間も存在する。

スタイリッシュランクを上げることでタイムボーナスをもらえるが、フロアを進めるごとに敵の攻撃が激しくなり、体力も増えるため、ボディーブローのように効いてくる

これをクリアするには、プレイヤーのステータスをMAXまで上げるとともに、バトルスキルの研鑽が必要不可欠だ。

難易度は非常に高いが、やればやるほどに成長を実感できるモードなので、クリア後は是非挑戦してほしい。

まとめ

DMC5は、続編をずっと待ち望んでいたゲームの1つでした。

結果としては、ストーリー・バトルシステムともに大満足の一言につきます。

特に、バトルについては、ものすごい進化を遂げたと確信している。

ハイスピードかつ止まらないコンボは、いつまでも悪魔狩りをしたい衝動に駆られました。

キャラクターも1人1人が個性的で(特にダンテが好き)、シャレたセリフと演出にニヤリとしながらゲームを楽しめた作品です。

2019年12月13日(金)にべストプライス版として、お求めやすい価格で発売されるので是非遊んでほしい作品だ。

ちょっと気は早いと思いますが、DMC4同様に続編を首をながくして待ってます。

以上、Devil May Cry 5の感想でした。

▼あわせて読みたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました