【レビュー】『テトリスエフェクト』VR作品として超オススメ。VRじゃなくてもオススメ。

【満足度4.0】

今回は『テトリスエフェクト』を紹介します。

といっても、”VR専用”ではなく”VR対応”のソフトなのでVRがなくてもOK。

個人的に「テトリス」をやったことない人に体験して欲しいゲームです。

目次

神秘的なグラフィックと陶酔する音楽

この「テトリスエフェクト」というソフト、ただの「テトリス」ではないです!

恐らく、今までのテトリスのイメージが覆されたのではないでしょうか?

グラフィックについてですが、ただ単に美しい訳ではないです。

ラインを消していく毎に徐々にグラフィックが変化するのですが、ステージによってはまるで物語を体験しているかのような錯覚」に陥るほど神秘的です。

お気に入りはイルカが出てくるステージですね。

ラインを消すと、イルカが海からジャンプするんですよ。

見ているだけで癒されます。

特に音楽は本当に素晴らしい!

エンドレスで聞いていられるほど上質です。

各ステージは静かな音楽でスタート。

ラインを消すごとに緩急がつくテンポや音の増え方がバツグン。

もはや高揚感を超えて陶酔するほどです。

ライブを体験している感覚に近いです。

これがゲームと寸分狂わずシンクロする。

そして、「テトリスエフェクト」と「プレイヤー」が一体となります。

VRで更に高次元の「テトリスエフェクト」へ!

ここまでは、VRなしでも十分に体験できます。

では、VRではどうなるのでしょうか?

ただでさえすばらしい「グラフィック」「音楽」に加え、そこからバーチャルの世界へ。

没入感がとんでもないことになります。

特に「journy mode(ジャーニー・モード)」は良いです。

テトリスエフェクトを通して、俯瞰(ふかん)的に、世界を旅しているような感覚

になります。

ライトゲーマ―に嬉しい「ゾーン」システム

テトリスエフェクトには「ゾーン」というシステムが存在します。

これは、「一定の条件を満たすことで”時間を止める”ことができる」というシステム。

これは非常に嬉しいシステムでした。

基本的にテトリスは、

「テトリミノが落ちるスピードが速い=難易度が高い」

のですが、高難易度になるほど焦燥感が募りクリアが難しくなります。

「もうダメだぁ!」と思っても、この「ゾーン」を使えば巻き返すことが出来ます。

これがなかったら心折られてたかもです。

初心者から玄人まで遊べる多彩なゲームモード

テトリスエフェクトは「journy mode (ジャーニー・モード) 」の他に、

  • マラソン(150ラインクリア)
  • ウルトラ(3分間のスコアアタック)
  • スプリント(40ラインクリアまでのタイムアタック)
  • マスター(最高速テトリミノチャレンジ)
  • 浄化(ダークブロックを3分間消し続ける)
  • ミステリー(様々なハプニングを乗り越える)

と様々なモードがあります。

遊びの幅が広いのが特徴的ですね。

初心者から玄人まで遊べるので、間口はめちゃくちゃ広いです。

VR酔いしない!

VRで遊んだことがある人は、全員経験したことがあると思いますが「VR酔い」て嫌ですよね。

テトリスエフェクトはVR酔いになりません!

VR酔いは、バーチャルと現実の体の動きの相違で起きるのですが、テトリスエフェクトはバーチャル上で動き回ることがないので一切酔いません。

せいぜいVR疲れする程度です。

まとめ

テトリスエフェクトは、既存のテトリスと全く違います。

それゆえに「テトリスをやったことがない人に是非やってほしい」です。

「昔流行った時代遅れのゲーム」ではないです。

今の技術(VR)とシンクロした、最高のゲーム体験をもたらしてくれます!

VRなしでも十分に楽しめます。

VRがあれば、より神秘的な体験が出来ます。

価格も安いので、「今月はやりたいゲームがないなぁ」という時におすすめしたい1本です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる