スポンサーリンク

【レビュー】『Marvel’s Avengers (アベンジャーズ)』の感想。問題点はあるものの、爽快感が◎の”良ゲー”。

マーベルアベンジャーズ▷プレイステーション

今回は『マーベルアベンジャーズ』のレビューを紹介していきます。

2020年9月の注目作として話題を呼びましたが、個人的な感想を言うと「PS5で真価を発揮する作品だったのでは?」という感じです。

とは言え、楽しめないわけではありません。

メッセージ性のあるオリジナルのストーリーや、マーベルらしい爽快感はちゃんと楽しむことが出来ます。

ゲームジャンルアクション
ゲーム難易度3.3
クリア目安時間10~12時間

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストーリー

画像は『ファミ通.com』より引用

今作で描かれるストーリーは、完全オリジナルストーリーで展開します。

ゲーム用にローカライズされているとはいえ、個人的には結構メッセージ性が強いストーリーだったと感じました。

物語はカマラ・カーンという1人の少女を中心に展開されます。

以下、カマラ・カーンを中心とした大まかなストーリーです。


幼少の頃からアベンジャーズが好きで、アベンジャーズに強い憧れを抱いていたカマラ・カーン。

A-DAY(アベンジャーズ・デイ)」と呼ばれるアベンジャーズが一堂に会するイベントで大きな事故に遭遇し、サンフランシスコは壊滅状態となる。

また、アベンジャーズたちはその責任から解散を余儀なくされてしまった

この「A-DAYの悲劇」により、彼女にはある”異変”が起こっていた。

A-DAYの事故でテリジェン・ミストという物質に被爆したことにより、身体能力が突然変異を起こしていたのだ。

また、カマラ・カーン以外にも突然変異が起きた人たちは多数存在し、その人々は”インヒューマン”と称され迫害の対象となっていた。

あれから5年。

解散を余儀なくされてしまったアベンジャーズではあったが、カマラ・カーンはその責任がアベンジャーズたちによるものであるとは信じられず、変異した能力を駆使して自らその調査に乗り出す・・・。


カマラ・カーンの行動が結果的にアベンジャーズを再結成させることに繋がるんですが、彼女のセリフに「違うことが、私たちの力だ」という言葉があります。

おそらく『マーベルアベンジャーズ』という作品を通して、「お互いを認め合うことの大切さ」を訴えるという、結構メッセージ性の強い作品だと感じました。

アイアンマンやハルクなど多くのキャラクターが登場する”お祭りゲー”ではありますが、このメッセージを感じ取ることでより深くこのゲームを楽しむことが出来ると思います。

ゲームシステム

画像は『ファミ通.com』より引用

『マーベルアベンジャーズ』のゲームシステムですが、ミッションクリア型のステージ構成で進めていくかたちをとっています。

メインミッション以外にも、サブミッションもありますが、「サブミッションの方が難易度は高め」という印象でした。

おそらく、1度クリアすることを前提として挑むミッションになっています。

なので、「メインミッションを進める為にサブミッションをプレイする」というスタイルではなく「サブミッションに挑むためにメインミッションをクリアする」という造りになっていると感じました。

続いてキャラクターの成長要素についてですが、獲得したスキルポイントで新たなアクションを習得していくスキルツリー型の成長システムになっています。

スキルツリーの種類も結構豊富なので、成長させていくごとに強さを増していくアベンジャーズたちにちょっとニヤッとしてしまいますよw

また、”ギア”と呼ばれる装備をすることで、個々の能力値を上げパワーアップさせていく仕組みになっています。

この”ギア”ですが、ハクスラ要素を含んでおり、バンバン入手できるため、序盤でも結構ステータスが上がるのが嬉しいです。

究極、「ギアを制するものがこのゲームを制す」という流れになりそうです。

画像は『ファミ通.com』より引用。ギアによってステータスを向上させることがかなり重要になってくる。

ここを楽しんでほしい!

画像は『ファミ通.com』より引用

『マーベルアベンジャーズ』で楽しんでほしい部分は、やっぱりアクションですね。

予想通り結構派手です。

それでいて、”無双ゲー”のように敵をバタバタと倒せるわけではなく、意外に歯応えがあります

「(動きが)モッサリしている」と言われているようですが、私はそんなふうには感じませんでした。

むしろ、ステップ等による回避が意外と重要のなので、緊張感がありヒリヒリする場面も多く、スピード感もあると感じました。

また、装備アイテムのギアについては、前述したようにハクスラ要素もある為、より強いギアを求めて多くのミッションをこなしていくという楽しみもあります。

ミッションも、「長すぎず、短すぎず」の丁度いい長さなのでテンポが良いなと感じました。

やればやるほど強さも爽快感も増すため、良ゲーだと思いますよ。

気になった点

気になった部分は「バグの多さ」です。

「軽微なバグ」が多いのです。

具体的には、ポップアップが意図しない場面で出現したり、効果音がずっとなり続けるという感じです。

後、字幕はおすすめしません

というのも、台本をそのまま抜き出したような字幕ですので興ざめしちゃうと思います。

さらに、字幕の出るタイミングも悪く、逆にストーリーを理解しにくくなることも多いです。

このように『マーベルアベンジャーズ』は、ストレスがたまる要素が結構あります

ただ、これは「この作品がPS5向けにローカライズされているからではないか?」と感じました。

おそらく、PS4版では多くのオブジェクトの処理や演算処理が追い付かないため、それが今回の軽微なバグとして再現されてしまったように感じます。

事実、私は初期型PS4でプレイしましたが、無限ロードや進行不能バグには遭遇しませんでした

なので、PS5版のアップデートが走るあたりで相当改善されると思います

・・・にしても、ちょっと多すぎたかなw

追加情報

※2020/9/19にパッチV1.3.0があたりました。改善項目は1000以上にわたり、かなりの改善が施されているようです。

まとめ

ガチの感想を言えば「想像していたよりもやや面白みに欠ける」部分はありました。

だからといって、全然楽しくなかった訳ではないです。

バトルは普通に楽しいし、緊張感もあります。

結構批評を呼んでいるようですが、逆に言えばそれらが改善されればこのゲームは”化ける”ポテンシャルも秘めていると思います。

今後はスパイダーマンの追加もあるので、おそらくそのタイミングでガッツリパッチも充てて改善するはず。

今、プレイしていない人はそのタイミングが”買い時”かも知れません。

以上、『マーベルアベンジャーズ』のレビューでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました