スポンサーリンク

【レビュー】『キングダムハーツ メロディオブメモリー』の感想。音ゲーで振り返るアーカイブ作品は新鮮だった。

KINGDOM HEARTS Melody of Memory6▷プレイステーション(1~4)

今回は『KINGDOM HEARTS Melody of Memory(以下、KHMoM)』のレビューになります。

2019年に発売された『KINGDOM HEARTSⅢ』からの新作になりますが、ストーリー的には続編ではありません。

また、ゲームジャンルも全く違うかたちで展開する今作。

個人的には結構楽しめた作品となりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「音ゲー」で振り返るアーカイブ作品

画像は『Amazon』より引用。『KHMoM』はカイリの回想によって紡がれていく……。

『キングダムハーツ』と言えばスクエアエニックスが手掛ける「アクションRPG」の金字塔ですが、今作はゲームジャンルをガラリと変えてきました

「リズムアクション」いわゆる「音ゲー」になっているんですよね。

音楽に合わせてボタンを入力することでステージをクリアするスタイルとなっています。

また、『KHMoM』のストーリーですが、続編ではありません。

『キングダムハーツ』のこれまでの物語を振り返る”アーカイブ作品”となっています。

そう、これまでの物語を「音ゲー」で振り返るという作品です。

ご存じだとは思いますが、『キングダムハーツ』のストーリーは可愛いキャラとは裏腹に、その内容が非常に難解であることでも有名です。

心と体の乖離で生まれるハートレスやノーバディー。

それによって名前や容姿が違う主要人物たち。

派生作品も多いので時間軸が分からなくなりがちです。

これを綺麗にまとめたのが『KHMoM』

非常にコンパクトにまとまっています。

『キングダムハーツ』は『KH1.5』や『KH2.8』など”詰め合わせ作品”はあったのですが、アーカイブ作品が無かったので保存版としても非常に良い作品だと思いますよ。

難易度は低いので安心して遊べる

画像は『ファミ通.com』より引用

「音ゲー」という新たなジャンルで繰り広げられる今作。

正直、「音ゲー」が苦手な人は手を出しづらいと思います

その気になる難易度ですが、「かなり低い」と感じました。

というのも、訪れるステージごとに難易度は選べますし、クリアすることだけを念頭に置けば、「ビギナー」モードを選んでおけばかなりのミスをしてもクリアできるからです。

なので「音ゲー」という事で敷居の高さを感じなくても良いですよ。

むしろ、これまで「アクションPRG」という事で手を出しづらかった人たちはこの作品でストーリーを十分に楽しめるので、そういった面でもオススメしたい作品です。

一部のプラウドミッションが激ムズ

画像は『ファミ通.com』より引用

また、「音ゲー」経験者の方にも満足のいく歯ごたえのある作品に仕上がっています。

各エリアには難易度の選択と共に”ミッション”が存在し、クリアと別にミッション条件を満たして★を獲得していく要素があります。

最初はミッション条件はゆるいですが、これが徐々に引きあがっていきます。

特に、難易度の高い「プラウド」のミッションはキツイです。

個人的な体感では、「プラウド」ミッションにも2種類あり

  1. 比較的クリアが容易な「プラウド」ミッション
  2. めちゃくちゃ難しい「プラウド」ミッション

この2つで構成されている感じです。

1に関しては「プラウド」がクリアできるレベルだとミッションも付随して達成できますが、2は「クリアが前提にありつつさらに高いスキルを要求される」ものが多いです。

「170CHAIN(コンボ)を達成する」等というものが2に当たります。

そういった面も考えると、やりごたえは抜群です。

画像は『ファミ通.com』より引用。後半のミッションは本当に難しいものがポンと出てくる。

楽曲の良さに改めて気付く

画像は『Amazon』より引用

『KHMoM』は楽曲とともに物語を振り返るゲームです。

こうやって改めて曲を聴くと「本当にいい曲ばかりだなぁ」と常々思うんですよね。

曲が持つ世界観やそれに付随する様々な思い出が溢れてきてジーンとなっちゃうことが多かった。

ゲームの中では1つの演出として作り上げられた曲かもしれませんが、その曲にドップリつかると「ゲーム音楽て本当にスゴイなぁ」とその完成度に唸ってしまう。

そういう感情を抱けたことで、『キングダムハーツ』を新たな側面から体感できたことに嬉しさを感じました。

まとめ

画像は『ファミ通.com』より引用。カワイイw

これまでの『キングダムハーツ』と全く違うジャンルで登場した『KHMoM』。

ストーリーの続編ではないものの、楽曲中心で振り返るという新たな側面を生み出し、より深くその世界を体験することが出来るようになった作品だと思います。

アーカイブ作品ではあるものの、もちろん最後にはシークレットな展開も用意されています

それはプレイしてからのお楽しみという事で・・・・。

以上、『KINGDOM HEARTS Melody of Memory』のレビューでした。


※TOP画像は『ファミ通.com』より引用

コメント

タイトルとURLをコピーしました