スポンサーリンク

【レビュー】『GODFALL(ゴッドフォール)[PS5]』ハクスラ系アクションが楽しい、はずだが……

2.0
GODOFALL(ゴッドフォール)▷プレイステーション5

今回はPS5のローンチタイトルとして発売された『GODFALL(ゴッドフォール)』をレビューしていきます。

今回は、私のブログには珍しく少し辛口のレビューになります

良い部分は良いのですが「なぜこうなった?」という部分がいくつかあり、どうしても満足できなかったというのが正直な感想です。

それでは、いってみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ルータースラッシャー=ハクスラ

引用:ファミ通.com。要は「3Dハクスラアクション」なのです。

『ゴッドフォール』は「ルータースラッシャーアクションRPG」という名のゲームジャンルになります。

「”ルータースラッシャー”て何?」となるかもしれませんが、これはつまりハクスラになります。

宝箱や敵を倒すことで手に入る武器によって自身を強化していくというもので、アイテムがゴリゴリ手に入ります。

同じ武器でもレアリティによって性能が違うので、自分が使いやすい武器の強化版を手に入れていく面白さがあります。

ハクスラと言えば『ディアブロ』が有名ですが、ゲーム的には『仁王』に近いものがあります。

引用:ファミ通.com。同じ武器でも性能が違う。

ミッションクリア型のPRG

引用:ファミ通.com。ミッションクリア型のRPG。

『ゴッドフォール』がアクションRPGであることは先に述べましたが、具体的な進め方は「与えられたミッションをクリアして先に進む”ミッションクリア型”」になっています。

1つのミッションは大体10~20分位でクリアできるものがほとんどで、シンプルにゴール地点に向かうものもあれば、ボス戦が用意されていたりするものもあります。

また、「ハンティングミッション」という敵(獣)を倒して素材を手にすることで、ストーリーミッションを先に進めることが出来る仕掛けもあるので、お使い感はあまりありません。

ある意味、「区切りよく、テンポよく進めることが出来る」というのが良いです。

”ソウルシャッター”という名の爽快感

引用:ファミ通.com。ソウルシャッターは決まれば気持ちいい!

バトル面についてですが、キャラクターモーションは『ソウルシリーズ』に近いものがあるかなと感じました。

重厚な鎧に身を纏い、”ライトアタック(弱攻撃)”と”ヘビーアタック(強攻撃)”を使い分けながら敵を倒していく様がよく似ています。

そして『ゴッドフォール』特有の攻撃方法に”ソウルシャッター”というものがあります。

簡単な図で説明すると……

敵に連続して攻撃を与えていくと、敵のダメージを減らしつつ、ダメージ量(のようなものが)が蓄積されていきます。

この状態で敵に”ヘビーアタック”を当てると、蓄積されたダメージ量(のようなもの)をごっそり削ることが出来るというもの。

これが結構爽快です!

チクチクと攻撃しながら、ここぞという場面で一気に敵のHPを削ることが出来るので気持ちいいですよ。

『ゴッドフォール』のココを何とかしてほしかった……

ここからは私がプレイしていて何とかしてほしかった部分についていくつか触れていきます。

各エリアのスタート地点がほぼ固定

引用:ファミ通.com。どこも同じ様な地点から始まる。

先に紹介した通り『ゴッドフォール』はミッションクリアのPRGです。

同じエリア内にいくつものミッションがありそれぞれの目的に合わせて討伐を行ったりするんですが、スタート地点がどのミッションもほぼ一緒なんですよね。

しかもマップもほぼ一緒。

そのため、既視感が強烈に強く「あれ?前やったミッション選んじゃったかな?」と錯覚するほどです。

また、敵の種類もそんなに変わらないので同じような戦闘が続くことが多いです。

つまり、”飽きやすい”んですよね。

出来れば、ミッションごとにマップをクローズして探索する楽しさを味わう工夫をしてほしかった。

武器強化の意味があまり無い

果たして強化は必要だったのか?

ストーリーが進んでいくと鍛冶屋と武器強化が解放されます。

たしかに、お気に入りの武器を強化できるのは嬉しいのですが、そもそもこのゲームはハクスラなので、強化した武器よりも性能の良い武器を入手する機会が結構あるんですよ。

また、鍛冶屋に売っている武器・アクセサリは強いものがあるのですが、ミッションを進めるとさらにパワーアップしたものが売られるようになるんですよね。

ハクスラでなければ非常にありがたい仕様なんですが、せっかく買った(強化した)武器でミッションクリアしても、さらにパワーアップした武器の品揃えになっているので、「買って損した」気分になっちゃいます。

なので、最終的に……

「武器強化・・・・・・あまり意味ない」

と感じちゃいました。

ボス戦が……

引用:ファミ通.com。なぜかHP減った状態で再チャレンジできちゃう。…バグ?

上記2つはちょっと残念だった部分なんですが、一番残念だったのはボス戦です。

ボス戦の仕様がかなり……でした。

というのも、ボス戦は己の今あるレベル・スキル・アイテムを駆使して臨む山場ですよね。

もちろんやられることも多々あり、そのたびに最初からチャレンジを繰り返すわけです。

ところが、『ゴッドフォール』はやられてもボスのHPが減った状態で再チャレンジできちゃうんですよ。

なので、たとえプレイヤーがどれだけ弱かろうがやり続ければ勝てちゃうんです。

そのため、難易度がメチャクチャ低いんですよね。

もちろん、一部の敵はHPがある区切りまで回復している場合もありますが、正直それは求めていなかった。

ハクスラなので強いボスには、強い武器回収して臨むで良かったかなと感じました。

・・・・・・ひょっとして、私だけのバグだったのかな?

まとめ

『ゴッドフォール』はPS5発売前は非常に注目度の高いゲームだったことはよく覚えています。

とんでもないグラフィックで、とんでもない動きをする『ソウルシリーズ』のようなアクションを期待していたのですが、中身は違いました。

ただ、私が『ゴッドフォール』に期待しすぎたからこのような感想を抱いてしまったのかも知れません

バトルアクションは爽快感あるし、それでいてグラフィックはとんでもなく綺麗ですからね。

今後のアップデートも控えているみたいなので、ひょっとしたらその時に大きく様変わりして非常に遊び応えのある作品になっているかも知れません。

以上、『ゴッドフォール』のレビューでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました