スポンサーリンク

Bloodstained(ブラッドステインド)初見レビュー【結論】面白すぎる!

▶ゲームレビュー

【個人的評価】4.5

今回は「Bloodstained:Ritual of the Night(ブラッドステインド:リチュアル オブ ザ ナイト)」のレビュー記事です。

当初はクリアしてからのレビューを予定してましたが、非常に面白く、早く紹介したい衝動に駆られたため、10時間程プレイした初見レビューに切り替えました。

もう一度言いますが、非常に面白いです!

スポンサーリンク

Bloodstainedの評価(PC版:steam)

「Bloodstained」はPS4より先にsteamで発売されました。

その評価の高さをご覧ください。

画像は『steam』公式サイトより引用

12,610件中96%が”圧倒的に好評”となっていることから、このゲームの凄さが伺えます。

どんなゲーム?

【公式】PS4/NS 「ブラッドステインド:リチュアル・オブ・ザ・ナイト (Bloodstained: Ritual of the Night)」90秒ゲーム紹介 予告

動画は『Bloodstained:Ritual of the Night』公式サイトより引用

一言でいうと、”探索型2DアクションRPG”というゲームです。

メトロイドヴァニアとも呼ばれています。

開発は「悪魔城ドラキュラシリーズ」を手掛けてきた五十嵐孝司氏。

2015年当時、クラウドファンディングで、ビデオゲーム最高となる約460万ドル(5億7千万円)の出資を集めたことでも非常に注目を集めた作品です。

メトロイドヴァニアとは?

「メトロイド」と「キャッスルヴァニア(悪魔城ドラキュラ)」のゲームシステムを併せ持ったゲームのこと。
メトロイド▶”ダンジョン探索型2Dアクションゲーム
キャッスルヴァニア▶”ステージクリア型の2Dアクションゲーム”。
「メトロイドヴァニア」と呼ばれ始めたのは「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」リリースの時。
これまでの「悪魔城ドラキュラシリーズ」から、仕様を大きく変え”悪魔城という広大な城を探索しながらクリアを目指す”スタイルに変更。
これが、メトロイドのゲームシステムに似ていたため「メトロイドヴァニア」という言葉が生まれた。

Bloodstainedの魅力

懐かしさも新しさも同時に味わえる!

2Dアクションの王道をそのままに、PS4というハードで、より洗練されたグラフィック

「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」好きにはたまらないです!

続編をやっている気分になります。

それでいて、非常に洗練された奥行きのあるグラフィックは2.5Dアクションといっても過言ではないです。

特に「双竜の塔」の探索は「これ、本当に2Dなの?」と思うほどのMAP構成で驚きです。

リメイク作品でもないのに懐かしさも新しさも味わえるのは嬉しいw

探索が止まらない!

「Bloodstained」には非常に広大なMAPが用意されてます。

「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」の時と同様ですが、

  • 探検する楽しさ
  • MAPを埋めていきたいという欲求

を見事に満たしてくれます。

私は、気づいたら5時間ほど探索に明け暮れていましたw

しかも、「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」 の時と非常に似たMAPもあり、所々でニヤリとさせられます

音楽(BGM)は神!

本当にこれは素晴らしいの一言!

ステージ構成に合わせたBGMといえば、当たり前の様に聞こえますが、Bloodstainedは本当に秀逸です。

うまく言えないのですが、音楽によって更にゲームに陶酔(とうすい)する感覚です。

ゲーム音楽とプレイヤーがシンクロするといいますか、気持ちの高ぶりを抑えきれない感覚に陥ります。

本当に素晴らしいです。

自由度が高い成長要素!

「Bloodstained」は「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」と同様にハクスラ要素があり、武器や防具等かなりの種類があります。

また、”シャード”といった魔力の結晶を入手することで魔法を操ったり、召喚したり(「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」でいう”使い魔”)とバリエーションが豊富です。

単にレベルを上げて、必要なスキルを入手してクリアではなく、戦略も攻略もプレイヤー次第なのは「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」と変わらないですね。

難易度は”やや高め”

難易度ですが、個人的な実感は”やや高め”といった印象です。

難易度”ノーマル”からのスタートですが、ボス戦では普通に死にます

探索も回復薬や帰還石(拠点に戻る)を準備しておかないと、何も考えずにズカズカ進むと、あっという間に回復薬がなくなって積みます。

”新しい探索エリアは慎重に。ボス戦は冷静かつ大胆に”

という感じで、絶妙な難易度バランスですね。

ひょっとしてジョジョ好き?

これは私の予想ですが、「Bloodstained」の開発チームの中にジョジョ(の奇妙な冒険)好きがいるのでは?と思っています。

しかも第2部(戦闘潮流)が好き。

理由①:アイテム

装備アイテムに”呼吸強制マスク”というのがあります。

これ、ジョジョの奇妙な冒険第2部で、波紋の修行中にジョセフ・ジョースターがつけていたマスクに似ているんですよね!

更に”石仮面”という装備アイテムもあります。

これも第2部の”石仮面(エイジャの赤石) ”にそっくりなんですよ!

理由②:ポーズ

「Bloodstained」では⇧(上ボタン)を押し続けると、主人公のミリアムがポーズをとります。

見ていただくとわかると思いますが、これ「ジョジョ立ち」を意識していることがうかがえます。

この2つの理由から、ジョジョ好きがいると考察しました。

そして、私もジョジョ好きですww

まとめ

ゲームを始めて12時間ほどですが、

購入初日に5時間

2日目に7時間

と、あっという間に時間を溶かしてしまいました

それほど夢中になれます!

もちろん、初心者の人でも遊びやすいでし、アクションゲーム好きは必ずハマると思います。

ソフトの価格もお手頃ですので、まずは手にとって遊んでほしい1作です。

▼あわせて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました