スポンサーリンク

【レビュー】『MAIDEN(バイオハザード8の体験版)』の感想。レイトレーシングと3D音響が凄い!

4.0
MAIDEN バイオハザードヴィレッジ▷プレイステーション5

今回は『バイオハザードヴィレッジ(8)』の体験版である『MAIDEN(メイデン)』のレビューになります。

『バイオハザードヴィレッジ』はPS4・PS5の縦ローンチで発売することが決定していますが、今回の体験版『MAIDEN』はPS5のみでプレイ可能という制限がついています。

なぜ、PS5のみにしたのか?

実際にプレイすると「なるほど、これを届けたかったのか」と納得することがありましたのでそちらを中心にレビューしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『MAIDEN』は”脱出”がメイン

引用:ファミ通.com。この時点ですでに怖いw

体験版『MAIDEN』の目的は”脱出”になります。

どこかわからぬ独房からスタートし、その独房からの脱出を試みるというもの。

クリアまでの時間は20~30分ほどですが、バイオハザード……いや、『バイオハザード7』序盤のような非常に不気味でサイコな雰囲気が漂っているため怖くて先に進めません

また、主人公(誰なのかは不明)は移動・アイテムを調べる・アイテムを使用するくらいしかできないので余計怖さが増します。

以前、『バイオハザード7』の体験版『KITCHEN』をプレイしたことがあるのですが、不気味さは『KITCHEN』と同様だと思います。

しかし、『MAIDEN』には特筆すべき部分が2つあります。

それは…

  1. レイトレーシング
  2. 3D音響

です。

レイトレーシング

テレビ越しに取った画像ですが、それでもリアルさが伝わる…。

まず、レイトレーシング

PS5になり、光の反射や映り込みをリアルタイムで演算できるようになったおかげでグラフィックの表現力が段違いに凄くなっています。

独房を抜けた後に館の中に入るのですが、この館のグラフィックが段違いに凄いです。

『スパイダーマンマイルズモラレス』や『デビルメイクライ5SE』『アストロプレイルーム』などをプレイしましたが、体験版である『MAIDEN』ほどレイトレーシングに感動したことはありませんでした

あと、実際にレイトレーシングが効いているからなのか分からないんですけど、壁のクロスの継ぎ目なんかも確認できちゃうほど質感があるんですよね。

常に怖さを感じているんですが、見とれてしまうほどのリアルさがあります。

3D音響

引用:ファミ通.com。全方位的な音の表現力に怖さが余計増す。

また、3D音響も凄いです。

普段からサウンドバーで音を出力しているのである程度音の恩恵を受けていたつもり・・・だった・・・のですが、『MAIDEN』は聞こえ方が全く違うんです。

自分の後ろから物が倒れるのが分かる。

自分の上の階でコツコツと人が歩いているのが分かる。

うまく伝えられないのですが、まるで自分がその空間に実際にいるような体験が確かにあるんですよ。

今回、部屋の電気を全て消してプレイしたから余計にそう感じたのかもしれません。

まとめ

引用:ファミ通.com。この館が本編とどう関わるのか…。

体験版という事もあり、ごく限られた体験しかできないのにも関わらず、これほどまでに没入したのは中々ない経験でした。

『MAIDEN』で体験できたPS5の特徴であるレイトレーシング・3D音響は、私の中に確実に新しい体験を生み出したのは事実です。

おそらく、本編である『バイオハザードヴィレッジ』ではハプティックフィードバックも随所に体験できるところがあると予想しています

確実に新たなゲーム体験が待っている『バイオハザードヴィレッジ』ではどのようなことが起きるのか?

楽しみでいっぱいです。

以上、体験版『MAIDEN』のレビューでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました