スポンサーリンク

【レビュー記事】『ベヨネッタ&ヴァンキッシュ』の評価と感想。過去の名作を存分に味わおう!

3.5
ベヨネッタ&ヴァンキッシュ▷プレイステーション

今回は『ベヨネッタ&ヴァンキッシュ』のレビューになります。

1本で2本のゲームが遊べる”お得版”のこのゲーム。

PS4からゲームを初めて、過去の作品に触れたことのない人はもちろん、「次のやりたいゲームが発売されるまでの”繋ぎのゲーム”」として、楽しく遊べること間違いなしです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『BAYONETTA(ベヨネッタ)』

画像は『ファミ通.com』より引用
ゲームジャンルアクション
難易度3.5
クリア目安時間10~15時間弱

『ベヨネッタ』が発売されたのは2009年

ハードは、Xbox 360PS3でリリースされました。

当時は、『デビルメイクライ』と双璧を成すゲームとしても話題だったのを覚えています。

『ベヨネッタ』のレビューは、『デビルメイクライ』と比較しながら紹介していきます。

『デビルメイクライ』の”魔女版”

画像は『ファミ通.com』より引用

『ベヨネッタ』を一言で表すとすると、

『デビルメイクライ』の”魔女版”

という言葉が一番しっくりきます。

それもそのはず。

『ベヨネッタ』を手掛けたプロデューサーは、神谷英樹かみやひでき氏。

『初代デビルメイクライ』を手掛けたプロデューサー。

プロデューサーが一緒なのです!

『ベヨネッタ』は「デビルメイクライを、さらなる次元に引き上げる」事を目指して作られた作品で、よりアクション性が向上しています

敵が”天使”というトンデモ仕様

画像は『ファミ通.com』より引用

『デビルメイクライ』は、「主人公のダンテが人間(魔人)で、敵が悪魔」という構図ですが、『ベヨネッタ』は、「主人公のベヨネッタが魔女で、敵が天使」という非常にユニークな設定となっています。

天使と言っても、神話に出てくるような可愛い天使ではありません

個人的に、「血を好む悪魔じみた天使」という言葉がしっくりきます。

そのため、メデューサのような天使なんかもいたりして、結構おどろおどろしかったりします。

けど、それが良いんですよね。

「魔女が天使を懲らしめる」という、『デビルメイクライ』と真逆の世界観が非常に新鮮です。

アクション性が相当高い

画像は『ファミ通.com』より引用

『ベヨネッタ』の操作ですが、最初は”慣れ”が必要になるかもしれません。

基本的な操作は以下の通り。

  • 〇:キック
  • ▢:銃撃
  • △:パンチ
  • ✕:ジャンプ
  • R1:ロックオン
  • R2:回避

大抵の場合は、パンチやキックを連打していれば、コンボが決まり、ガツガツ攻撃ができます。

しかし、『ベヨネッタ』の敵(天使)は”数の暴力”で襲ってくることが非常に多いです。

そのため、特定の敵を狙い続けたい場合、R1を押しっぱなしにしておく必要があるのですが、如何せん多くの敵に狙われているので、必然的に回避をする機会が多くなります。

この場合、「R1を押しながら、R2を押して回避」になるので、右手の指が忙しいんですよね。

慣れるとそうでもないですが、最初のうちはちょっと混乱するかもしれません。

”ウィッチタイム”と”トーチャーアタック”がハマる!

画像は『ファミ通.com』より引用

最初は何かと慣れが必要な『ベヨネッタ』ですが、病みつきになるアクションがあります。

まずは、”ウィッチタイム”。

これは、敵の攻撃をギリギリでよけると、一定時間相手の動きがスローになる現象です。

もう1つが、”トーチャーアタック”。

”トーチャー”とは拷問ごうもんを意味する言葉で、文字通り拷問器具によって相手に大ダメージを与える攻撃です。

この2つが決まると気持ちいいんですよ!

特に”ウィッチタイム”が連続で決まれば、敵はずっとスローのままなので、好き放題やれますからね。

本当に”病みつきになる”アクションです。

爆速ロード時間

ハードがPS3からPS4に移ったことで、ロード時間が”爆速”になってます。

大体2~3秒でロードが終わるため、非常にテンポよくプレイできるのは嬉しいですね。

ただ、『ベヨネッタ』はロード時間中にコンボの練習が出来たのですが、爆速になったことで、コンボの練習時間が取れなくなってしまいました

出来れば『デビルメイクライ5』のVOIDのように、コンボを練習できるシステムがあれば尚よかったです。

『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』

画像は『ファミ通.com』より引用
ゲームジャンルシューティングアクション
難易度4.0
クリア目安時間8時間弱

『ヴァンキッシュ』の発売日は2010年

ハードはPS3で発売されました。

射撃メインのガンシューティング

画像は『ファミ通.com』より引用

『ヴァンキッシュ』のゲームシステムですが、”射撃”をメインとしたゲームシステムとなっています。

遮蔽物に身を隠しながら、ターゲットを倒していき、ストーリー上のミッションをクリアしていきます。

そのため、『ベヨネッタ』のように接近戦で殴り合うスタイルではなく、遠距離から敵を攻撃していくため、全く違うバトルを楽しめます。

高速で移動する感覚がたまらない!

画像は『ファミ通.com』より引用

最初にプレイすると、「意外ともっさりとした動きをするな」という印象を持つかもしれません。

確かに、バトルスーツのようなものを身にまとっているため、現実的に考えるとそうですよねw

しかし、ひとたびブーストモードになると、それまでの動きが嘘のように高速で移動します

これが結構爽快なんですよね。

”駆け抜ける”というより”滑り倒す”ような感覚に近いです。

通常移動のややもっさりした動きと、高速で滑り倒す動きのギャップが、えも言えぬ爽快感を生んでいると感じました。

難易度はかなり高い。その理由は……

画像は『ファミ通.com』より引用

『ヴァンキッシュ』の難易度ですが、実感としてはけっこう高いと感じました。

とにかく多数の敵を相手にするため、考えもなく突き進むと、結構あっさりとやられてしまいます。

あともう1つ、難易度を高くさせた理由があります。

それは、HP表示がないこと。

『ヴァンキッシュ』では、プレイヤーのHP表示がありません

HPの回復方法も、「敵の攻撃を一定時間受けなければ自動回復する」というシステムになっています。

そのため、「敵の被弾を覚悟して特攻する」あるいは「敵の被弾を覚悟して武器・弾薬を取りに行く」という勝負どころがわかりずらいです。

ある意味、ジレンマに陥ってしまい、どうすることもできずにやられてしまうというシーンも意外に多く、結果として難易度が高く感じるという印象を受けました。

しかし、理不尽さはほとんど感じません

弾薬管理や攻撃を戦略的に行えば、ちゃんと勝てるバランスもあります。

トライ&エラーを積み重ねていくゲームですね。

難点はボリュームと敵の使いまわし感

画像は『ファミ通.com』より引用

爽快感もあり、戦略性も兼ね備えた『ヴァンキッシュ』ですが、気になる点もあります

まずは、ゲームボリューム

クリアまでに8時間弱というボリュームは、ちょっと少なく感じます

出来れば、倍の15時間弱程度は欲しかったというのが率直な感想です。

また、敵の種類が結構少ないです。

特にボス戦では、「またコイツと戦うのか?」という場面が結構多く、面倒臭さを感じる部分もありました。

細部まで非常に細かく作られてるだけに、PS3で収録する容量が足りなかったのかなとも感じましたが、あと3~4体はボスが欲しかったです。

爆速ロード時間がしっかり活きてる

『ヴァンキッシュ』も『ベヨネッタ』同様に、ロード時間は爆速です。

『ベヨネッタ』では、爆速ロードが効きすぎたために、コンボの練習時間が取れないデメリットがありましたが、『ヴァンキッシュ』はしっかりメリットとして働いています。

気持ちが切れることなく、ドンドン進むので多分あっという間にクリアできると思いますよ!

場合によっては、1週では飽き足らず、2週目に突入してしまうかもしれませんw

まとめ

『ベヨネッタ』と『ヴァンキッシュ』。

2つともPS3で発売されたゲームとは言え、とにかく完成度が非常に高い作品であることは間違いありません。

確かに”粗さ”はありますが、”味”もあります。

新しいゲームを追っていけばいくほど、過去の名作をプレイする機会はおのずと減るので、これを機に手を付けるのは大いに”アリ”だと思いますよ。

何といっても安いですしねw

アクション好きな人にぜひおススメです!

コメント

  1. crystal より:

    ベヨ姐さん来たー!
    そういえばベヨ1はSEGA、ベヨ2は任天堂の傘下って感じが強いですがどうなんですかね。ベヨ2はWII UとSwitchしか発売されてないので。3は是非両ハードで展開してくれたら嬉しいです。

    ベヨ2はWII Uと一緒に弟から貰って家にありますがHDMIコードが足りず画面に写せませんw
    この作品は1からした方がいいですかね…?

    バンキッシュのアクションに期待しているのですがレビューを見てると結構難しいようですね。トライアンドエラーを繰り返してそう。
    プレイするのが楽しみです。

    余談ですが昨日FFⅦRクリアしました^_^
    CCFFの布線をちゃんと回収しておりあの彼が登場した時「あ、あぁ〜〜‼︎‼︎‼︎」て思わず叫びました。担いでいくシーンとか…。ラストシーンの雨とか…。ヤバかったです。ゲームに登場するのかなり久しいんじゃないですかね。
    映画の様なグラフィックで臨場感溢れる刺激的なFFを楽しめました。次回作も楽しみです

    • sugitablogsugitablog より:

      ベヨ姐さん来ましたよ~~~ww

      確かに、『ベヨ1』はSEGA。『ベヨ2』は任天堂ですよね。
      当初『ベヨ2』はSEGAで制作予定だったのですが、頓挫してしまったため任天堂が制作を引き継いだ経緯があるようです。

      実は、私は『ベヨ2』未プレイなんですよ。
      『ベヨ2』は『ベヨ1』の数か月後の設定なので、『ベヨ1』からプレイしたほうがいいかもですね。

      久々にプレイしましたが、ベヨ姐さんめちゃくちゃカッコよかったですW
      本当惚れ惚れしましたw
      『ベヨ1』は、難易度NORMALでもかなり死にますが、チェックポイントで復活なので案外アッサリクリアできますよ。
      『ベヨ3』発売してほしいです。
      その前に『ベヨ2』プレイしないとです。。。

      一方『ヴァンキッシュ』は中ボス・ボス戦がかなり大変ですので、まさにトライ&エラーの繰り返しになります。

      『FFⅦR』クリアおめでとうございます!!!
      やっぱ彼の登場は「うわぁぁぁぁぁぁぁ」てなりますよねw
      私もでした。
      多分、続編は2~3年かかると思うので、その間に『CCFFⅦ』のリマスター版を出してほしいです。
      個人的に、一番泣いたゲームです。

タイトルとURLをコピーしました