スポンサーリンク

【ゲーム小話:第8話】PS5の予約抽選結果報告

ゲーム小話第8話▶ゲーム小話

2020年11月12日に発売されるプレイステーション5(PS5)。

発売にあたり、今回は異例ともいえる”予約抽選”という形で良くも悪くも盛り上がりを見せました(Amazonは先着順)。

というのも、「店頭での予約受付は一切無し。ECサイトのみでの受付」ですからね。

ある意味、人気アーティストのライブチケット争奪戦みたいな感じです。

もちろん私も多くのECサイトで予約抽選に申し込みました。

今回はその結果についてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PS5予約抽選結果

早速ですが、私が申し込んだPS5予約抽選とその結果を並べてみました。

申し込みサイト抽選期間当落発表期間抽選結果
ヤマダ電機9/18~9/229/30落選
ビックカメラ9/189/30落選
ノジマオンライン9/18~9/259/26落選
GEO9/24~9/3011/1~11/8落選
ドン・キホーテ10/12~10/1811/1~11/10落選
ひかりTV9/18~9/3011/2落選
イオン10/15~10/1611/6落選

※抽選結果は2020年11月9日時点

申し込みができたのは、計7つ。

7つ中6つは落選決定です。

ドン・キホーテは11/10までですが、現時点で当選通知が来てないという事はほぼ落選でしょう。

※11月11日追記 ドン・キホーテも落選でした

また、抽選以外で唯一先着順で申し込みができたAmazonについては瞬殺でした。

もはや勝負すら出来ない状態でした。

抽選結果を振り返る

ハードルの高い抽選

そもそも今回の抽選についてですが、応募条件から”振るいにかける”サイトも多く存在しました。

ヨドバシカメラやソニーストアでは「購入履歴がある人限定」といった措置が取られましたよね。

私の場合、両者ともECサイトでの購入履歴が無かったため応募できませんでした。

また、すべてのECサイトにおいて「転売目的の応募はしないように」という文言が明記されていました。

そう……。

今回、応募のハードルが上がったのには『転売ヤー』の存在があります。

転売を目の当たりにする

その実情をまざまざと見せつけられたのがAmazon

先ほど述べたように、Amazonは勝負すら出来ない状態。

しばらくするととんでもないことが起こります

何と、定価の8倍ほどする39万円で転売されていました。

さらには50万円のPS5が出展され、キャンセル不可orキャンセル料5万というものまででてきました。

Amazon側も多くの通報を受けてか、PS5の転売出展はすべて取り消しにかかり、いまは1つもありません。

これを目の当たりにした時はさすがに唖然としました。

あまりにも悪質だと。

Amazonでは転売出展はなくなったものの、ヤフーショッピングでは15万位で今も転売は続いています

今後の抽選とこれからの予想

現時点で始まっているのが、GEOの2次抽選

2020年11月9日~11月15日の間で、ゲオアプリからのみ応募可能となります。

また、ソニーストアでの2次抽選も始まりました。

抽選開始頻度が高いノジマオンラインや、他社も2次抽選に動き出すと思うので要チェックですね。

SIEのCEOジム・ライアン氏は「年末商戦までにはPS5を欲しいと思う人に届けられるようにしたい」と供給確保に取り組んでいるようですが、実際は難しいかなと思っています

2次抽選からは応募のハードルも下がって来るでしょうし、それに群がる転売ヤーも多くなるでしょう。

欲しいと思う人の母数が極端に減ることは無いので、もう少し長引きそうな気はしてます。

と言っても、Switchの時の様にこれが何か月も続くという事は無いと思います。

欲しいと思う人に届き始めるのは2月くらいからかなと予想してます

まとめ

PS1・2・3・4とハードを購入してきましたが、これほどまでに苦しんだことはありませんでした

もっと言えば、ハードの予約なんてしたこと無かったです。

当時は予約しなくてもすんなり手に入る感覚だったんですよね。

しかし、今回は違います。

PS5に限らず、人気商品を出汁にして一儲けしようという輩が非常に多くなりました。

個人間の売買が容易になった反面、その”闇”の部分があらわになり社会問題となっていますよね。

音楽業界では転売による逮捕者も出始めました。

いたちごっこになるかもしれませんが、こういった商品についても何らかの法的制限を加えて欲しいと思います。

コメント

  1. crystal より:

    確かにゲームハードは抽選でなくとも予約販売で購入出来ていましたよね‥。

    昨今メル◯リなど個人販売が簡単になり、ゲーム関係に限らず鬼滅や音楽関連など人気のものにあやかり自分だけのお金儲けのために使おうとする人、本当に許せないですよね。

    てかこういう転売に関して大きく得してるのはメル◯リ側な気がします。
    ほんとに欲しい人に行き届かないじゃないです。

    私もGEOは落ちたので2次抽選挑戦中です。

    今後は発売するソフトの多くは5になってくると思いますので、早めに欲しいと思うばかりです。

    • sugitablogsugitablog より:

      私もcrystalさんと全く同じ考えです。
      〇ル〇リは通報しても野放し状態なので、実質通報の意味がありません。
      利益>悪質という構図が出来上がっている様な気がします。
      転売は最終的にメーカーの信頼が落ちることに繋がると考えています。
      事実、PlayStationのTwitterのリプは荒れています。
      努力して革新的な製品を作っている会社が叩かれるのは違うと思うので、転売は法的に制限が必要と思います。

      私もGEOの2次抽選申し込みました。
      当たってほしい!
      crystalさんも当たる事を祈っています。

タイトルとURLをコピーしました