スポンサーリンク

【2020年度版】連休(GW・お盆)に遊びたい!オススメゲーム18選【PS4】

▶ゲームレビュー

GWやお盆といった連休は、家で過ごす時間がとても多くなりますよね。

これを機に、ゲームに触れる人も多いと思います。

しかし、普段ゲームをしない人からすると、

「どんなゲームを買っていいか分からない💦」

そういう人が多いはず。

今回は、そういった人達に向けて、少しでも参考になるようなPS4のゲームを紹介していきます。

紹介方法ですが、

  1. サクッと遊べるゲーム
  2. ある程度時間をかけてガッツリ遊ぶゲーム
  3. 己の限界にチャレンジするゲーム

この3つに分けて紹介していきます。

また、それぞれのゲームについては

  • ゲームジャンル
  • 難易度(5段階評価)
  • クリア目安時間

も、併せて紹介していきます。

紹介するゲームは、私が実際にプレイしたゲームばかりなので、その実感も踏まえながらなるべく簡単に紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サクッと遊べるゲーム

ここで紹介するゲームは、ゲーム未体験者でも比較的遊びやすいゲームを紹介します。

クリアに要する時間は、長くても20時間弱

複雑な操作も必要としないので、非常にとっつきやすく、遊びやすいです。

中には、ゲームオーバーという概念が無いゲームもあり、それでいて名作と呼ばれるゲームもありますよ。

『Detroit:Become Human(デトロイト:ビカム ヒューマン)』

デトロイトビカムヒューマン
画像は『ファミ通.com』より引用
ジャンルオープンシナリオ・アドベンチャー
難易度
クリア目安時間15時間弱

デトロイト:ビカムヒューマン』は、是非プレイしてほしい作品の1つです。

ゲームジャンルは「オープンシナリオ・アドベンチャー」というジャンルで、プレイヤーの選択によって物語が変わっていきます

また、このゲームにはゲームオーバーという概念がありません。

たとえ主人公が死んだとしても、物語は進んでいきます。

そのため、難易度は「-」という表示にしています。

”自我”が芽生たアンドロイドと、人類による「非常に生々しい現実」が描かれたこのゲーム。

  • 人間のあるべき姿とは?
  • ”命”とは何か?
  • ”生きる”とは何か?

を、深く考えさせられます。

非常にシリアスな物語ではありますが、プレイヤーの心に深く印象にのこる名作中の名作です。

▼レビュー記事はこちら

『Life is Strange2(ライフ イズ ストレンジ2)』

ライフイズストレンジ2
画像は『ファミ通.com』より引用
ジャンルオープンシナリオ・アドベンチャー
難易度
クリア目安時間15時間弱

こちらも、デトロイト同様「オープンシナリオ・アドベンチャー」のゲームです。

そのため、難易度は「-」にしています。

とある事件によって、父親を失った2人の兄弟が、居場所を求めて父親の故郷へ向かう物語。

”であると同時に、”逃避”から始まるこのゲーム。

”重さ”はあるものの、人の優しさを強く感じることができるため、多幸感を感じます。

優しい気持ちになりたい時にオススメのゲームです。

▼レビュー記事はこちら

『テトリス エフェクト』

画像は『Amazon』より引用
ジャンルパズル
難易度3.0
クリア目安時間5~8時間弱

「えっ?大昔に流行ったゲームを紹介するの?」

と、思うかもしれませんが、プレイすると度肝を抜かれますよ!

『テトリス エフェクト』は、これまでのテトリスの概念をくつがえすほど凄いゲームです。

PS4によって、圧倒的なグラフィックを手に入れたと同時に、プレイするたびにトランスするかのような芸術的なサウンドが、深い陶酔感を生み出します

ステージクリア型の「ジャーニーモード」で遊ぶと、自分のスキルに合わせてプレイできるのでオススメのモードです。

▼レビュー記事はこちら

『トライアルズ フュージョン』

トライアルズF
画像は『ファミ通.com』より引用
ジャンルレース・アクション
難易度(難易度ハードまで)3.0
クリア目安時間(難易度ハードまで)3~5時間弱

トライアルズ フュージョン』は、コースクリア型のバイクレースゲームです。

と言っても、本格的なモータースポーツではありません。

スーパーマリオをバイクレースに置き換えたようなゲームです。

操作はいたって簡単で、「アクセル」「ブレーキ」「重心移動」の3つのみ。

最初は、うまく操作できずに”クセ”を感じるかもしれません。

ただ、慣れると”とんでもない爽快感”を味わうことができる良ゲーです。

1コースあたりにかかるクリア時間も2~3分ほどで、サクサク進めることができます。

ライトな感覚で気軽に遊びたい人にオススメです。

▼レビュー記事はこちら

『バイオハザードRE:2』

バイオハザードRE2
画像は『Amazon』より引用
ジャンルサバイバル・アクション
難易度3.5
クリア目安時間20時間弱

1998年に発売された『バイオハザード2』のリメイク作品

最高のグラフィックと、新たな恐怖があなたを襲います。

ゲーム未経験者からすると、ちょっと敷居が高いゲームと感じるかもしれません。

ただ、個人のスキルにあわせて難易度の変更でき、かなり”ユルい”仕様で遊べますので、身構える必要はないですよ。

ハラハラドキドキするような体験を味わいたい方には、とてもオススメできるゲームです。

▼レビュー記事はこちら

ガッツリ遊ぶゲーム

ここで紹介するのは、文字とおり”ガッツリ遊ぶ”ゲームの紹介です。

クリアに要する時間は、20~40時間弱

休日のみのプレイで、1ヵ月近く遊べます。

ゲームジャンルは、ロールプレイングゲーム(RPG)が多くなりますが、いずれも非常に高い完成度を誇る作品が多く、ドップリ感情移入しちゃいますよ。

『ファイナルファンタジー7リメイク(FF7R)』

ファイナルファンタジーⅦリメイク
画像は『ファミ通.com』より引用
ジャンルRPG(ロールプレイングゲーム)
難易度3.5
クリア目安時間40時間弱

RPGの王道です。

1997年に発売された『ファイナルファンタジーⅦ』のリメイク作品。

圧倒的かつシネマティックなグラフィックと、深く描かれたストーリーに驚愕すると思いますよ!

ただ、今作はバトル(戦闘)システムが複雑なので、その部分に苦手意識を感じるかもしれませんが、「イージー」よりも簡単な「クラシック」モードもあるので、遊びやすくなっています。

分作なので、これ単体ではストーリーは完結しないですが、映画のような迫力あるゲームをプレイしたい方にはオススメです。

▼レビュー記事はこちら

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』

画像は『Amazon』より引用
ジャンルRPG
難易度3.0
クリア目安時間40時間弱

こちらも、RPGの王道ですね。

とにかく遊びやすく、物語も分かりやすい!

ゲーム自体の完成度の高さを、改めて実感したのが『ドラクエXI』でした。

難易度的にもかなり優しいので、自分の思ったように進めて、ストレスもほとんどありません。

また、キャラクターへの感情移入もしやすく、時にウルっと来る場面もあって感動します。

『ドラクエ』未経験者はもちろん、『ドラクエ』から離れていた人にもオススメです。

『ドラゴンボールZ KAKALOT(カカロット)』

ドラゴンボールZKAKALOT
画像は『ファミ通.com』より引用
ジャンルアクション・RPG
難易度3.7
クリア目安時間40時間弱

今作は、アニメの『ドラゴンボールZ』の世界を追体験できるゲームです。

初めてプレイする人は、あまりの完成度にビックリすると思いますよ!

アニメと全く同じキャラをゲームで操作できる喜びに!

特に心躍るのは、オープニングムービー。

CHA-LA HEAD-CHA-LA」がかかった瞬間に、子供の頃の感覚に一気に引き戻されます。

難易度調整が無いので少し敷居は高いですが、防御することと、必殺技が出せるようになれれば、そこまで苦労することはないです。

むしろ、ストーリーにガッツリ見入ってしまうほど没入するので、先に進めたい一心で、自然とスキルも身についていきますよ。

▼レビュー記事はこちら

『JUDGE EYES:死神の遺言』

ジャッジアイズ
画像は『Amazon』より引用
ジャンルアクション・RPG
難易度3.5
クリア目安時間35時間弱

日本屈指の歓楽街である歌舞伎町をモデルとした街「神室町」を舞台とした物語。

ある探偵が主人公なのですが……。

驚くなかれ。

その主人公は、なんと”キムタク”こと木村拓哉さん。

ジャッジアイズ八神
画像は『JUDGE EYES:死神の遺言』公式HPより引用

キャラクターモデリングもそのままです。

名言でもある「ちょ!待てよ!」も聞けますよw

その他にも、滝藤賢一さんや谷原章介さんなど、豪華なキャストが彩るこの作品。

ストーリーも秀逸で、魅力満載です。

ゲームシステム的には、アクションを主体としたゲームではありますが、そこまで難しい操作は要求されません。

”キムタク”を操作するという客観的な視点と、”キムタク”になりきる主観的な視点を同時に味わうことができるとても稀有けうなゲームを、ぜひ味わってほしいです。

▼レビュー記事はこちら

『DEATH STRANDING(デスストランディング)』

デスストランディング
画像は『DEATH STRANDING』公式HPより引用
ジャンルストランド・RPG
難易度3.5
クリア目安時間40時間弱

これまでにない、全く新しいジャンルのゲームです。

制作は「KOJIMAコジマPRODUCTIONプロダクション」。

メタルギア』シリーズで有名な小島秀夫監督といえば、ピンと来る人もいるかも知れません。

ストーリーを簡単に説明すると、「分断されたアメリカを、”配達”を通じて繋いでいくゲーム」になります。

広大なオープンワールド

洗練されたグラフィック

映画のようなストーリー

恐ろしく完成度が高い作品です。

ゲームオーバーになることはあまりありませんが、”クセ”のある操作と、複雑なゲームシステムのため、人を選ぶゲームであることは間違いありません

ただ、最後までプレイし終えた時の感動は物凄いです!

号泣しますし、しばらく動けなくなるほど感傷に浸ってしまします。

シネマティックで、壮大なストーリーを味わいたい人にオススメする作品です。

▼レビュー記事はこちら

『デビルメイクライ5』

デビルメイクライ5
画像は『ファミ通.com』より引用
ジャンルスタイリッシュ・アクション
難易度3.5
クリア目安時間20時間弱

ド派手で、スピード感あるアクションゲームを求めている人には、間違いなく”刺さる”作品です。

洒落たセリフを吐きながら、イケメンたちが悪魔たちをバッサバッサとなぎ倒していくたびに、スカッとするような爽快感を味わえます。

スピーディーなバトルが展開されるため、難しさを感じるかもしれませんが、基本的に攻撃ボタン連打でゴリ押しもできるため、そこまで難易度は高くありません

もちろん、難易度も選択できますので、難しい思ったらミッションごとに変更も可能です。

爽快感が強いので、ストレス発散したい人にオススメです。

▼レビュー記事はこちら

『Bloodstained:Ritual of the Night(ブラッドステインド:リチュアル オブ ザ ナイト)』

ブラッドステインド
画像は『ファミ通.com』より引用
ジャンル2Dアクション・アドベンチャー
難易度3.5
クリア目安時間30時間弱

こちらは、「2Dタイプの探索型アクション・アドベンチャー」ゲームになります。

現在主流となっている、3Dタイプのゲームではないのが特徴的です。

そのため、難しい操作やゲームシステムは無く、操作を覚えやすいといった利点があります。

「探索型」というだけあって、用意されているマップは非常に広大

そのマップを敵を倒しながら進めるだけでも、かなり楽しいです。

グラフィックもとてもきれいで、「これ、本当に2Dなの?」と驚く場面も多いです。

特に音楽が非常に良く、聞き惚れながらプレイに没頭していきますよ!

難易度を高めに設定したのは、ボス戦がかなり歯ごたえがあるからです。

ゲームオーバーになる回数は少し多いかもしれませんが、敵の攻撃パターンが分かりやすいので、徐々に攻略できるようになりますよ。

わかりやすく、歯ごたえがあるゲームを求めている人にうってつけの作品です。

▼レビュー記事はこちら

『バイオハザード7』

バイオハザード7
像は『バイオハザード7』公式HPより引用
ジャンルサバイバル・アクション(1人称視点)
難易度3.8
クリア目安時間20時間弱

『バイオハザード7』は、ちょっと敷居が高いかもしれません。

「1人称視点」といって、プレイヤーと同じ視点でゲームを進めるタイプになります。

バイオハザード71人称視点
画像は『バイオハザード7』公式HPより引用

そのため、プレイヤーの全体像を見ることができません

ただ、その分視線の動きがが操作とリンクしているので、とてもリアリティにあふれています。

この「1人称視点」で、『バイオハザード』をプレイするので……

めちゃくちゃ怖いです!

操作はそこまで複雑ではありませんが、「1人称視点」に慣れない人からすると、結構敷居が高いゲームなのは確かです。

しかし、慣れてしまうと物凄い没入感があるので、正直やめ時を失ってしまいます

本当に怖いゲームをプレイしてみたいという、肝の据わった方にオススメしますw

▼レビュー記事はこちら

3.己の限界にチャレンジするゲーム

ここで紹介するゲームですが、ゲーマーも唸るほどの高難易度のゲームです。

ゲームオーバーは当たり前。

トライ&エラーを幾度も繰り返し、心折れながらプレイするタイプです。

非常に難しいゲームではありますが、その分”達成感”も凄まじく、大人げなく「よっしゃー!」と叫んでしまうほどの喜びが味わえます。

そのため、ここで紹介するゲームはほとんどアクションゲームになります。

『CODE VEIN(コードヴェイン)』

コードヴェイン
画像は『ファミ通.com』より引用
ジャンル高難易度アクションRPG
難易度4.0
クリア目安時間40時間弱

コードヴェイン』は、高難易度ゲームの入門編としてオススメできるゲームです。

通常、こういった高難易度アクションゲームは、プレイヤー1人で攻略するのが定番ですが、『コードヴェイン』は仲間を連れてプレイを進めます

この仲間が非常に優秀で、かなり強いです。

そのため、道中は仲間に任せ、ボス戦は仲間と共闘して攻略ができます。

難しさはありますが、比較的クリアしやすいゲームなので、高難易度ゲームの取っ掛かりとしてオススメしたいゲームです。

▼レビュー記事はこちら

『DARK SOULS3(ダークソウル3)』

ダークソウル3

画像は『ファミ通.com』より引用
ジャンル高難易度アクションRPG
難易度4.3
クリア目安時間35時間弱

高難易度ゲームと言えばこれ」と言われるくらい有名なゲームです。

制作は「フロムソフトウェア」という会社になります。

今回、『ダークソウル3』を紹介したのには訳があります。

ナンバリングタイトルの最終作ということもあり、非常にバランスが良いつくりになっています。

また、グラフィックも緻密で綺麗。

荒廃した世界なのに、見とれてしまう風景があります。

難しくはありますが、バランスよく配置されたセーブポイント(篝火)かがりびが秀逸で、少しづつ着実と進めることができます。

ボス戦はかなり厳しいですが、相手の攻撃パターンをしっかりと見極めることで、着実に攻めることができるようになります。

痺れるようなバトルを求める人にオススメできるゲームです。

▼レビュー記事はこちら

『Bloodborne(ブラッドボーン)』

bloodbone
画像は『bloodbone』公式HPより引用
ジャンル高難易度アクションRPG
難易度4.5
クリア目安時間25時間弱

こちらの作品も「フロムソフトウェア」が作ったゲームです。

世界観は『ダークソウル』よりもさらに暗い世界観で、”ゴシックホラー”の雰囲気が漂っています。

『ブラッドボーン』は、『ダークソウル』よりもさらに難しいです。

理由は簡単。

「防御する」という概念がありません。

そのため、バトルスタイルは”超攻撃型”になり、死闘感が凄まじいです。

難敵も多く、ボス戦では幾度となく心折られます。

ただ、その分ボスを倒した時の達成感や満足感も凄まじいです

ゲームボリュームはそこまでありませんが、満足度は非常に高いこの作品。

アクションゲームのさらなる高みを目指したい方にオススメする1品です。

▼レビュー記事はこちら

『SEKIRO(隻狼)』

SEKIRO
画像はAmazonより引用
ジャンル高難易度アクションRPG
難易度4.8
クリア目安時間30時間弱

またまたですが、こちらの作品も「フロムソフトウェア」が作ったゲームです。

こちらの世界観は、これまでと打って変わって”日本”が舞台となっています。

『隻狼』は、『ブラッドボーン』よりもさらに難しいです。

あまりの難しさに「”イージーモード”を搭載したほうがいいのでは?」という話題が出るほどでした。

刀による剣撃アクションが凄まじく、敵の攻撃を”はじく”ことを求めらるので、ただ攻撃するだけでは勝ち目がありません

”死中に活”を求めるゲームといってもいいでしょう。

また、攻撃力UPといったレベルアップ的な要素は、ボスを倒さないと出来ないので、レベルでゴリ押しが出来ず、己の腕を磨くことでしか活路が見いだせません

超高難易度と言われる所以ゆえんはそこにあります。

その分、自身の成長を手に取って感じることができる喜びがとても強いです。

「アクションゲームを極めし者」としてチャレンジしたい方にオススメです。

▼レビュー記事はこちら

『ACE COMBAT7: SKIES UNKNOWN(エースコンバット7)』

画像は『ファミ通.com』より引用
ジャンルフライト・シューティング
難易度5.0
クリア目安時間35時間弱

こちらは、打って変わって戦闘機を操作する”フライトシューティング”になります。

はっきり言って、相当難しいです。

まずは、戦闘機を操作することから慣れなければいけません

旋回」や「ヨー(戦闘機を傾けずに進行方向を変える)」といった操作をしっかりと覚えないといけないからです。

敵の追撃は、ロックオンした状態でミサイルを発射すれば撃墜できますが、超高速で飛び交う戦闘機を操作しながら行うので、方向感覚を見失い、地上に激突したりすること多々あります。

ただ、こういった中で戦闘機を自在に操ることができたときの喜びや、大空を自由に飛べる解放感『エースコンバット』でしか味わうことができません

ミッションクリア時の”リプレイ”で、自分が思い通りに戦闘機を操作している様をみると、めちゃくちゃ嬉しいですよ。

本当に難しいゲームですが、この作品でしか味わうことができない体験があなたを待っています。

大空をかける喜びを味わいたい方。

是非、プレイしてみてください!

▼レビュー記事はこちら

まとめ

今回は、ゲーム初心者でもとっつきやすいものから、ゲーマーも唸るほどのゲームを並べてみました。

とにかく、家で過ごすことが多くなる中、ゲームを遊ぶという選択肢も少なからず増えていくと思います。

繰り返しにはなるのですが、普段ゲームをしない人からしたら、「何のゲームをしたらいいの?」というのは、必ずあると思います。

この記事が、そういった人の参考になるのであれば幸いです。

🔽レトロ系のゲームを楽しみたい方はこちら

コメント

  1. crystal より:

    知人からおすすめされたもの、自分の気になっていたものが数多く入っていた記事でした(^^)
    CODEVEINはデザインが好みだから欲しいなって去年ヨドバシで広告見ながら考えてました。実況プレイ動画はほぼ見ない派なのでこんな感じで具体的なレビューがあると手に取りやすく感じます。

    先日Switchでbloodstaind購入しました。仰る通りグラフィックとサウンドが素敵で且つなかなかな難易度‥!!
    最初のウェパルで何回もゲームオーバーしたので攻略サイトにお世話になりました(笑)でも面白いです!買ってよかったと強く思います。

    エースコンバットはオススメされましたが難しそうですね‥。何回もプレイしたら慣れるでしょうか?

    • sugitablogsugitablog より:

      参考になって良かったです!!

      『ブラッドステインド』購入されてたんですね!
      ゲームバランスも良いですし、音楽も秀逸で私もお気に入りのゲームです。

      『エースコンバット』は、本当に難しいです。
      私は、過去作『エースコンバット2』からずっとプレイしているので慣れてますが、
      それでも難しいと感じるほどでした。

      まずは、戦闘機の操作(旋回・ヨー)に慣れることと、「敵は背後からロックオンして、撃ち落とす」ということが基本になります。
      オススメ武器は、複数の敵機をロックオンできる「4AAM(4機同時ロックオン)」や「6AAM(6機同時ロックオン)」が、かなり役立つと思います。

      あとはcrystalさんの仰る通り、”何回もプレイして場数を踏む”ことが必要ですね。

      本当に難しいですけど、大空を翔る喜びを味わえるのは『エースコンバット』だけですので、
      もし、機会があればプレイするのもアリだと思います。

タイトルとURLをコピーしました