スポンサーリンク

お部屋探しのコツ(不動産屋訪問編)

お部屋探し(不動産屋訪問編)▷お部屋探し

お部屋探しのコツ、第3回目は【不動産屋訪問編】です。

物件を検索して、お気に入りの物件が見つかったら、次は不動産屋さんへ行きます。

とは言え、初めての人はちょっと緊張しますよね。

ここでは不動産屋さんで、内見に行くまでのプロセスを簡単にまとめてますので、

なるほど。こんなやり取りがあるんだ!

と、理解しやすく説明していきますね。

最後には、相当熟練した人の賃貸物件の探し方もお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

不動産屋さんへの来店予約は必須!

不動産屋さんに行く前には、必ず来店予約の電話をしておきましょう。

もちろん、ネットから予約もできるのでどちらでもOKです。

電話で予約した場合は、物件の空き状況の説明いつ来店できるのかを聞かれます。

ネット予約の場合も同様ですが、丁寧な不動産屋さんは、周りの環境や住みやすさも一緒にメールしてくれたりもします。

私はほとんどメールで問い合わせします。

メールの場合は、内容を後で見返せるのでリマインドとしても使えますよ!

予約もせずに不動産屋さんに行くのもアリですが、手が空いている営業さんがいなかったら、結構待たされたりします。 繁忙期の1~3月は予約もかなり難しくなるので、その点を注意しておきましょう。

あと、予約した際に「あなたがどういう賃貸物件を求めているのか?」を軽くヒアリングされることもあります。

大まかでもいいので、ある程度伝えておくといいです。

不動産屋さんに行こう!

では、実際に不動産屋に行きます。

席に案内されると営業担当の方が、自分が見たい物件と、その他似たような物件を2~3件用意してくれていることがあります。

気になる内訳は・・・、

  1. 自分が見たい物件の詳細
  2. 同じような条件で同じような価格帯の物件
  3. 1より少し高めの物件

こんな感じが多いです。

昔、テレビでも同じようなパターンで案内されると放送されていましたが、それとあまり変わりません。

これは通常パターンです。

ここから、1ランク上の案内をしてくれる不動産屋さんもあります。

それは、上記3つのような案内ではなく、

  • 自分が見たい物件の詳細
  • 同じような条件で同じような価格帯の物件
  • 自分の条件に合った”安い”物件
  • 同じ条件で、”ネットに出す前”の物件

を準備してくれる不動産屋さんです。

これは、とてもありがたいですよ!

このパターンは、繁忙期の1~3月にはまず出してきません。

なので、かなり親切な不動産屋さんに当たったと思ってOKです!

提示された物件はすべて内見したほうがいい

物件をすべて確認したら、出された物件は全て内見した方がいいです。

ただ、想定家賃よりもかなり上の物件を提示されたものはスルーしてOKです。

紙やPCで見る物件は、結構きれいに撮られているものが多く、実際に内見に行くと

あれ?こんなもんだったの?

と、がっかりするパターンも多いからです。

内見でしっかり見極めていきましょう(内見編は次回)。

もし、想定家賃より少し高い物件を見る場合は要注意!

この物件は、自分の想定している物件設備の上を行く物件なので

ちょ~~~ステキ💛

と、一目惚れして、後先考えずに契約したくなる”魔力”を持っているからです。

後で生活が苦しくなる可能性大ですよ。

【裏情報】実はネットに全く載せない地域特化型の不動産屋もある

これ、知らない人多いと思います。

いわゆる”地元の不動産屋さん”です。

たまにありませんか?

すごい古そうな個人経営っぽい不動産屋さんて、どうして続いているんだろ?

と、感じる不動産屋さんが。

こういう不動産屋さんは……………………、

とてもコスパが良く、設備・立地も申し分ない物件を持っていることがあります!

なぜネットに出さないの

これは非常にシンプルな理由です。

空いてもすぐに契約で埋まるため、そもそもネットに出す必要がないんです。

この不動産さんを探すのは相当難しいです。

自分の知り合いに不動産屋さんがいるか、自分の友達の知り合いに不動産屋さんがいれば、巡り合う確率は高いです。

また、知り合いからの紹介の場合、初期費用を安くしてくれる可能性もあります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

初めて不動産屋さんに行くときは、結構緊張すると思いますので、この記事を参考にしていただいて心の準備をして頂ければ少しは安心するかと思います。

次回は【お部屋探し(内見編)】です。

内見時は心が浮足立ってしまうので、場の雰囲気に飲まれがちですが、見るポイントをしっかり定めていけば、実際に住んだ後のギャップをある程度埋めることができます。

見るポイントを、シンプルにわかりやすく紹介していきますので次回をお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました