スポンサーリンク

お部屋探しのコツ(探す前に編)

お部屋探し(探す前に編)▷お部屋探し

今回は【お部屋探し】についての記事です。

私自身がこれまでに10回近い引っ越しを経験しているので、賃貸物件を探している方にはかなり参考になると思います。

記事は全5編を予定してます。

流れとしては、

この5編で構成していきます。

1記事ずつアップしていき、1週間で全編アップ予定です。

それでは、【探す前に編】スタートです。

まずは、お部屋探しをする前に、必ず押さえておくことが4つあります。
①引っ越し時期を設定する
②家賃設定
③設備条件設定
④家具の寸法を測っておく

まず、この4つを抑えていきましょう。

スポンサーリンク

引っ越し時期を設定しよう

賃貸には物件が多い時期・少ない時期があり、それぞれにメリット・デメリットが存在します

時期物件数お部屋探しおすすめ度
1月~3月最大
4月~8月少ない★★
9月~12月増え始める★★★

1月~3月

<メリット>

物件の露出が最大になり、自分の住みたい物件が見つかりやすい

<デメリット>

不動産屋さんもMAX忙しいので、相談の時間が減りがち

内見出来ないまま契約というパターンあり

家賃交渉×

引っ越し料金が高い

解説

この時期の魅力は、物件露出が最大になることです。

新卒者が物件を探し始める時期で、不動産屋さんも繁忙期に入ります。

魅力的な物件に出会いやすいのですが、デメリットが多いのもこの時期。

とにかくお金がかかります!

最悪なのは、内見しないで契約というパターンもありうるので、時期をずらせる人はずらしたほうがいいですね。

4月~8月

<メリット>

家賃交渉可能

引っ越し料金がかなり安い

<デメリット>

物件が少ないので、お部屋が見つかりにくい

解説

繁忙期でほぼ物件が契約されてしまうので、物件数が少ないデメリットはありますが、その分契約費用や引っ越し費用を抑えることができます

この時期にお気に入りの物件に出会えたらラッキーですよ!

9月~12月

<メリット>

比較的物件が探しやすい

家賃交渉可能

引っ越し料金が安め

<デメリット>

なし

解説

この時期はかなりおすすめ。物件が徐々にそろい始める時期です。

4月~8月よりも物件を探しやすく、契約費用や引っ越し費用もある程度抑えられます。

デメリットはないです。

家賃設定をしよう

次に【家賃】を設定していきましょう。

目安として、手取り月収の25~30%が適正と言われています。

手取り月収が20万円の場合は、5万~6万円台。

ただ、これはあくまで目安です。

お部屋にこだわりがなく、「寝れたら良い」という人もいるので、その場合は4万円台で探すというのももちろん◎。

ただ、実際に物件を探すと、自分の想定よりも家賃の高い物件に惚れてしまって、どうしても住みたい衝動に駆られる場合も多々あります

そうなった時のために、”自分ルール”を1つ追加しておくと良いです。

「内見に行って、惚れた物件には頑張って+5,000円までなら出す。」

「住みたい地域に激安スーパーがあればその分食費が浮くので、手取り月収の33%(66,000円)で設定する」

こういうルールを定めておくと、ブレにくいです。

設備条件を設定しよう

次に【設備条件】を設定します。

設備条件とは、次に住む物件に求める設備の洗い出しです。

その際のコツをお伝えします。

まずは住むにあたって

  • MUST(絶対)条件
  • MORE(より良い)条件

を洗い出しましょう。

例えばこんな感じです。

MUST(絶対)条件
  • 築年数10年以内
  • 駅から10分以内
  • 通勤30分以内(乗り換えなし)
  • 8畳以上
  • 遮音性(鉄筋住宅)
  • 風呂トイレ別
  • コンロ2口
MORE(より良い)条件
  • 築年数5年以内
  • 駅から5分以内
  • 通勤20分以内(乗り換えなし)
  • 10畳以上
  • 近くにスーパー
  • 浴室乾燥機
  • オートロック
  • 2階以上
MUSTとMOREを合わせた条件
  • 築年数10年以内
  • 駅から10分以内
  • 通勤30分以内(乗り換えなし)
  • 遮音性(鉄筋住宅)
  • 風呂トイレ別
  • コンロ2口
  • 8畳以上
  • 近くにスーパー
  • 浴室乾燥機
  • オートロック
  • 2階以上

これ、実際に私が最近の引っ越しで設定した条件です。

ちょっとわがままが過ぎるかな?というくらい条件を設定しておくのがおすすめ。

不動産屋に行くと、必ずヒアリングされるのでメモなどでまとめておきましょう。

家具・家電の寸法を測っておく

大型の家具・家電の寸法は測っておきましょう。

具体的には、

  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • テレビ(大型の場合)
  • テレビ台
  • ソファ

意外と忘れがちなのは、ベッド・布団

こちらの寸法も忘れずに!

内見の時に必要です。

地域設定は?

地域設定とは、住みたい地域を設定すること。

ここではあまりしなくていいです。

「ここに住みたいな」くらいの軽い感じでいいです。

理由は不動産編でお話します。

以上です。

次回

次回は【お部屋探し(検索編)】です。

ここが一番時間がかかる部分であり、楽しい部分です。

目移りするほどたくさんある賃貸物件情報から、いかにして絞り込んでいくか?

こちらもコツがありますので、1つ1つ説明していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました