スポンサーリンク

【ゲーム&ハード週間ランキング】4月第2週(2020年4月6日~4月12日) 『FF7R』の売れ行きは一体どうなった??

ゲームソフト週間販売 ランキング▷週間ランキング

毎週木曜恒例の、週間ゲームソフト・ハード販売ランキング。

今回は、2020年4月6日~4月12日のランキングになります。

今回の注目は何と言っても『ファイナルファンタジーⅦリメイク』!

果たして、どれほどの販売本数となったのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【4月第2週】ゲームソフトランキング

ハードタイトル販売本数累計本数
1PS4ファイナルファンタジーVII
リメイク
70万
2853本
2switchあつまれ どうぶつの森29万
2876本
332万
4660本
3PS4バイオハザード RE:33万
4698本
22万
4188本
4switchマリオカート8 デラックス1万
4171本
286万
9272本
5PS4ワンピース 海賊無双41万
3204本
10万
7535本
6switchワンピース 海賊無双41万
1921本
9万
832本
7switch大乱闘スマッシュブラザーズ
SPECIAL
1万
1303本
364万
6834本
8switchリングフィット
アドベンチャー
9249本76万
2872本
9switchポケットモンスター
ソード・シールド
9037本356万
2578本
10switchスーパー マリオパーティ8755本139万
8898本

※ゲームソフト販売本数データは『ファミ通.com』を参照

今週の傾向(ゲームソフト)

★PickUp★『ファイナルファンタジーⅦリメイク』

やってまいりました。

『ファイナルファンタジーⅦリメイク(FF7R)』

初週売上は、70万本という結果で1位を獲得。

おめでとうございます!!

とは言え、何かパッとしない数字に見えます

ただ、『FF7R』は、ダウンロード版を購入している人も多数いると思います

ダウンロード数が明らかにならないので定かではないですが、総数としては100万は軽く超えているのではないかと考えます。

そう考えると……、納得できますね。

『バイオハザードRE:3』

個人的な感動としては「思ったより売れてる!」です。

今作は、ボリュームが少なく、同時収録されている『バイオハザードレジスタンス』の評判もほとんど聞きません(プレイしている人が少ない?)。

そういった点を考えると、発売2週目はグンと落ち込むかと思っていましたが、そうではないようです。

ひょっとしたら、周回してプレイするスタイルが確立していて、それが広く受け入れられているのかもしれません。

『ワンピース 海賊無双4』

こちらも、予想以上に売れている印象が強いです。

キャラクター物のゲームなので、自粛の中で遊ぶゲームを探している人からすると、とっつきやすさはありそうですよね。

また、『無双』なので一騎当千の爽快感も存分に味わえることを考えると、外出できないストレスを発散するにはもってこいなのかもしれません。

【4月第2週】ゲームハード販売推移

任天堂先週比較販売台数累計台数
Switch1万9429台1114万8295台
Switch Lite5884台211万5441台
Switch合計2万5313台1326万3736台
SONY(ソニー)先週比較販売台数累計台数
PlayStation46万721台752万9029台
PlayStation4 Pro1万8338台148万7894台
PlayStation4合計7万9059台901万6923台

※ゲームハード販売台数データは『ファミ通.com』を参照

今週の傾向(ゲームハード)

PlayStation4のピークが来た!

予想通り『PS4』のピークが来ました!!

絶対売れると思ってましたが、予想以上でした。

『FF7R』に合わせて、本体を購入した人。

『FF7R同梱版』を購入した人。

そうとう多いと思います。

これを機会に、ゲームに触れる人も多いと思いますので、色んなゲームを遊んでほしいなぁw

Switchの出荷停止

Switchは4月の2週目に”出荷を停止”しました。

この影響がモロに出ています。

正直なところ、出荷停止しても市場にはSwitchはあるはずなので、ここまで販売台数に影響はないと思っています。

では、ここまで販売台数を落とした原因で考えられるのは……?

転売だと思います。

Switch本体:5万円以上。

Switch Lite本体:3万5千円以上。

※2020年4月17日現在

ここまで金を出して買いますかね?

本当に……

転売は止めてほしいです。

まとめ

4月に関して、これ以降は目立った動きはないと思います。

なので、『FF7R』がこれ以降どのような販売本数の推移をみせるか?が焦点になりそうです。

あと、ランキングについて、ダウンロード版も集計出来ないかなぁと思います。

実数を知りたいです

そうすると、案外全然違ったランキングになりそうです。

P.S 藤原啓治さん

2020年4月12日

声優の藤原啓治さんが逝去されました。

藤原啓治さんは『クレヨンしんちゃん』の”野原ひろし”役の声優としても有名です。

私の中では、2人のキャラクターの声優さんとして、とても馴染みがありました。

1人は『キングダムハーツ』シリーズの”アクセル”。

画像は『ファミ通.com』より引用

「記憶したか?」

のセリフは、今でも頭の中に残っています。


『ファイナルファンタジーⅦ』シリーズの”レノ

画像は『ファミ通.com』より引用

『FF7R』『ファイナルファンタジーⅦ アドベントチルドレン』でのセリフ。

「〇〇だぞ、と。」

は、結構真似していましたし、大好きなキャラです。


藤原啓治さんは

私の中で

「アクセル」

「レノ」

として……

これからも私の心の中で生き続けます。

コメント

  1. crystal より:

    ランキングってパッケージのみの売上ですよね?ダウンロードも含めればだいぶ数違ってくると思います。
    パッケージ、ダウンロード別のランキングでも良いから数が知りたいですよね。

    FFⅦRやバイオの発売を機に。Switchが手に入らないから。様々な理由でPS4の売上が上がっていますね。年末PS5が出るというのにこの勢い。
    PS5の主力タイトルが不明なためまだまだ勢いは続くと思ってます。
    近所の店舗でも段々と台数が少なくなってきてあとはproのみです。

    Switchは今月末再出荷が始まるようなので皆さん転売厨に負けないように頑張ってほしい。
    そしていろんなゲーム作品に触れてほしい!

    藤原啓治さんの件は残念でなりません。
    ひろしのあの声が聞けないのが残念です。
    かねてより闘病中とは聞いてましたがFFやKH、スマブラのミュウツーなど大変な中で収録していたに違いありません。
    ご冥福をお祈りします。

    • sugitablogsugitablog より:

      ランキングについては、ダウンロード数を含めるとガラリと変わりそうな気がしてます。
      crystalさんの仰るように、パッケージ・ダウンロード別のランキングも知りたいです!

      PS4もなくなってきているんですね。
      ちょっとびっくりです。

      これを機会に、たくさんの人がゲームに触れて、ゲームの楽しさを知ってほしいです。
      とかく、ネガティブな部分だけがクローズアップされがちなので、その認識が少しでも変わってほしい……。

      藤原啓治さんのことは残念ですが、
      アニメやゲームの中でその”声”は生き続けるので、
      今プレイ中の『FF7R』も、しっかりとかみしめてプレイしていきます。

タイトルとURLをコピーしました