スポンサーリンク

【ゲーム&ハード週間ランキング】3月第2週(2020年3月9日~3月15日) 今週は『仁王2』だ!

ゲームソフト週間販売 ランキング▶ゲームインフォメーション

毎週木曜恒例の、週間ゲームソフト・ハード販売ランキング。

今回は、2020年3月9日~3月15日のランキングになります。

初登場のゲームが結構多くて、久々に賑わいましたよ!

▼1つ前の記事はこちら

スポンサーリンク

【3月第2週】ゲームソフトランキング

★ゲームソフト販売本数ランキング

順位ハードタイトル販売本数累計本数
1PS4仁王29万
1892
2switchポケモン不思議のダンジョン
救助隊DX
4万
6391
18万
4939
3switchポケットモンスター
ソード・シールド
1万
8567
350万
9920
4switch僕のヒーローアカデミア
One’s Justice2
1万
6997
5switchMinecraft1万
1787
130万
9815
6switchマリオカート8 デラックス1万
1272
281万
7258
7switch大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL9898360万
2272
8switchリングフィット
アドベンチャー
877372万
3803
9PS4ウイニングポスト9 20208045
10switchスプラトゥーン26827334万
1950

※ゲームソフト販売本数データは『ファミ通.com』を参照

今週の傾向(ゲームソフト)

★PickUp★『仁王2』

来ましたね。

戦国ハクスラ死にゲー『仁王2

堂々の首位です。

前作よりも難しいという声も多いですね。

プレイ中の方は”落命”しまくっていると思いますw

システム周りがより複雑になって「何やっているか分からん」という声もありますが、間違いなく神ゲーという声も多い今作。

まずは、その世界観と難易度をしかと味わおう!

『ポケモン ソード・シールド』

ついに『ポケモンソード・シールド』の累計販売本数が350万本に到達しました!

Switchでは、『スマブラスペシャル』に続く2本目の快挙になります。

それと同時に、Switch史上最速の350万本突破でもあります。

この調子だと、380~400万本が今年中にみえてくるのではないかと期待を隠し切れません。

とにかく、おめでとうございます!

『僕のヒーローアカデミアOne’s Justice2』

週刊少年ジャンプで連載中の「僕のヒーローアカデミア」のゲーム版。

すいません。

予想では、TOP10入りは難しいかもと思っていましたが、約1万7千本を売り上げ、4位に入ってきました。

この調子だと次週もTOP10入りしそうですね。

『ウイニングポスト9 2020』

こちらも少し意外でした。

かなりニッチなジャンルなので、どう推移するか予想がつけづらかったのですが、見事にTOP10入りを果たしました。

今回から実装された、人の「子孫継承システム」がどう作用しているのかも気になりますw

【3月第2週】ゲームハード販売推移

★ゲームハード販売台数推移

任天堂販売台数累計台数
Switch1万1801台1089万2947台
Switch Lite4万5473台151万5699台
Switch合計5万7274台1240万8646台
SONY(ソニー)販売台数累計台数
PlayStation41万516台743万6345台
PlayStation4 Pro4409台145万5771台
PlayStation4合計1万4925台889万2116台

※ゲームハード販売台数データは『ファミ通.com』を参照

今週の傾向(ゲームハード)

先週のSwitchの販売台数が約4000台で、かなり衝撃を受けましたが、今週は1万台越えと通常のペースに戻した感があります

ただ、Switchを生産している中国の工場の稼働状況に左右される部分が非常に大きいので、まだまだ販売台数に”ムラ”が出ると予測しています。

一方、久々にPS4の売り上げが1万台を越えました。

おそらく、『仁王2』の販売に合わせて購入した人と、『ファイナルファンタジーⅦリメイク』の発売に備えて購入した人が案外多いのでは?

という、個人的見解に至っています。

あとは、昨今の外出自粛傾向で、家で遊ぶために購入した人も少なからずいるはず

次週(3月第3週)の注目ソフト

3月19日(木)

PS4 『Subnautica(サブノーティカ)』

とある海洋惑星に不時着したプレイヤーが、未知の海を探索しつつ、この星からの脱出を試みるゲーム。

少し調べてみましたが、「親切なチュートリアルもガイドもない」模様。

つまり、すべてが手探りといったところです。

どちらかといったら、日本より海外うけしそうなゲーム

売れ行きが未知数なところはありますが、だからこそ楽しみな部分はあります。

switch 『英雄伝説 閃の軌跡III』

2017年に発売された『英雄伝説 閃の軌跡III』のSwitch移植版になります。

現在、ニンテンドーeショップで、序盤がプレイできる”体験版”が配信されています。

もし、購入を検討している人は、”体験版”をプレイしてみてることをオススメ👌

3月20日(金)

switch 『あつまれ どうぶつの森』

いよいよ発売される、3月の大本命ソフト。

本体同梱版の『あつ森セット』は即完売で、各店抽選というかたちをとっているところが多いようです。

発売1週間前からTwitterでも、賑わいを見せています。

ランキング首位は間違いないですが、気になるのは販売本数。

70万本近く売れそうな予感はします。

まとめ

『仁王2』をはじめ、初登場のソフトが3本もTOP10入りし、賑わいを見せた今回のランキング。

久々に活気づいた感があります。

そして、次週には3月の大注目ソフト『あつまれ どうぶつの森』と、一気に盛り上がりをみせてくるのは間違いないでしょう。

後は、ハードの売上がどう推移するか?

これに注目して次週のランキングを追ってきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました