スポンサーリンク

【ゲーム&ハード週間ランキング】3月第1週(2020年3月2日~3月8日)

ゲームソフト週間販売 ランキング▶ゲームインフォメーション

毎週木曜恒例の、週間ゲームソフト・ハード販売ランキング。

今回は、2020年3月2日~3月8日のランキングになります。

▼1つ前の記事はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【3月第1週】ゲームソフトランキング

★ゲームソフト販売本数ランキング

順位ハードタイトル販売本数累計本数
1switchポケモン不思議のダンジョン
救助隊DX
13万
8548
2switchポケットモンスター
ソード・シールド
2万
679
349万
1353
3switchMinecraft1万
2933
129万
8028
4switchマリオカート8 デラックス1万
2751
280万
5986
5switch大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL1万
1319
359万
2374
6switchリングフィット
アドベンチャー
1万
67
71万
5030
7PS4ペルソナ5 スクランブル
ザ・ファントムストライカーズ
810914万
3608
8switchスーパーマリオパーティ7774136万
2328
9switchスプラトゥーン27293333万
5123
10switch脳を鍛える大人の
Nintendo Switchトレーニング
639417万
1725

※ゲームソフト販売本数データは『ファミ通.com』を参照

今週の傾向(ゲームソフト)

★PickUp★『ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX』

やっぱ、ポケモンは強い。

なんてことを思いながらランキングを眺めてましたw

リメイクしたことにより、グラフィックが柔らかくなり、可愛らしさが増しています

また、システム面でも「オートセーブ」や「オート移動」などの便利機能が追加され、より遊びやすくなっていますね。

来週もTOP10入りは間違いなさそうです。

2位以下は”いつものメンバー(いつメン)”

2位以下について、『ペルソナ5スクランブル』がTOP10に食い込んでいるものの、残りはいつも見るソフトたちでガッツリ固められています

毎回思うんですが、このソフトたち(スマブラ・マリカー・マリパーなど)は、

一体いつまで売れ続けるんだろう……

て、考えるんですよね。

本当に凄いや。。。

【3月第1週】ゲームハード販売推移

★ゲームハード販売台数推移

任天堂販売台数累計台数
Switch4424台1088万1146台
Switch Lite4万6161台147万226台
Switch合計5万585台1235万1372台
SONY(ソニー)販売台数累計台数
PlayStation49584台742万5829台
PlayStation4 Pro4187台145万1362台
PlayStation4合計1万3771台887万7191台

※ゲームハード販売台数データは『ファミ通.com』を参照

今週の傾向(ゲームハード)

えっ……???

Switchの販売台数が4000台?

統計まとまながらビックリしました。

桁を間違えたかと思いました。

出荷遅延で販売台数が伸び悩んでいるとはいえ、毎週1万台は売上げていたSwitch。

先週の販売台数(15,000台)に比べて70%ほど減少しているこの状況。

確かに、店頭には「Switch品切れ」の張り紙が目立ちます。

逆に、Switch Liteは在庫が潤沢なので、販売台数も先週より1万台ほど伸びています

PS4も販売台数が伸びてますが、先日Amazonのタイムセールで行われた割引の影響と思われます。

次週(3月第2週)の注目ソフト

3月12日(木)

PS4 『仁王2』

3月の注目作です。

戦国ハクスラ死にゲー」の続編がいよいよ登場!

体験版でも、その難易度を十分に感じることができた方も多いようで、果たしてどれだけ多くの”落命”が待ち構えているか楽しみでもあります。

固唾を”がぶ飲み”して待ち構えている人も多いはずw

switch PS4僕のヒーローアカデミア One’s Justice2

週刊少年ジャンプで連載中の「僕のヒーローアカデミア」のゲーム版。

ゲームジャンルとしては、「3D対戦アクションゲーム」といった感じです。

初週にTOP10入りしそうな気配はありますが……どうでしょう。

switch PS4ウイニングポスト9 2020

言わずと知れた「競馬シュミレーションゲーム」。

今回は何と、馬同士の配合にとどまらず、人間の「子孫継承システム」までもがある仕様

非常にニッチなジャンルであり、コアなファン向けのこのゲーム。

一体どの位売れるのか。

楽しみです。

まとめ

今回は、とにかくソフトよりもハードの販売台数に驚きました。

まさか、あのSwitchの販売台数が……!

個人的に、そうとう衝撃を受けた結果となりました。

新型肺炎により、外出自粛要請などが出る中、室内で遊べるゲームの需要は少なからず上がると踏んでいます。

とにかく、ハード・ソフトの供給が滞らないことを祈るばかりです。

以上、3月第1週の【ゲーム&ハード週間ランキング】でした。

▼あわせて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました