【ゲーム&ハード:週間ランキング】(2021年12月13日〜12月19日)

週間ゲームランキング

毎週恒例の週間ゲームソフト・ハード販売ランキング。

集計期間は2021年12月13日〜12月19日のランキングになります。

それでは、いってみましょう。

※ゲームソフト販売本数・ハード販売台数データデータは『ファミ通.com』を参照にしています。

目次

ゲームソフトランキング

▼タップorクリックで拡大出来ます

TOP10を振り返る

先週と同様にランキングはSwitch一色で、張り付いたようにほぼ変動はありません。

せいぜい5位6位、9位10位の順位が入れ替わった程度です。

また、1・2位はともかく、それ以外のゲームの販売本数は先週よりも増加しています

特に、4位~10位のゲームは、去年のTOP10にもいるほど強力で「一体いつまで売れるんですか?」とツッコミを入れたくなるほど強いゲームたちです。

さらに、このゲームたちは年末年始にもガンガン売れるので、次回のランキング(多分年明けに2週分まとめて)でとんでもない数字を叩き出すかもしれません。

…いや、本当にいつまで売れるんだ?

ゲームハード販売推移

販売台数累計販売台数
Switch4万6372台1768万1055台
SwitchLite3万7054台436万4738台
Switch
(有機EL)
9万3406台67万5654台
PS57790台100万6415台
PS5DE874台19万1533台
XBOXSX2282台7万3190台
XBOXSS607台53832台

ハード販売推移を振り返る

先週先々週とある意味記録的な数字を叩き出したPS5

今週はPS5が久々に約7,800台を売り上げました。

この2週間が絶望的だった事もあって、”少しは”ホッとした感じもします。

とは言え、やはり数的なパワー不足感はありますよね。

半導体不足とは言え、年末商戦なので15,000~20,000台位は国内で流通(出荷)はして欲しいところです。

XBOXは、XBOXSXが2,200台とグンと売れました。

XBOXは大体2,000台前後の販売台数で推移しているので、元に戻った感はあります。

一方Switchですが、トータルで17万台強と着実に売り上げてます。

特に、Switch(有機EL)が9万台をキープしており、新機種への移り変わりが目に見えて分かります。

ただ、前年の同時期にはSwitch/SwitchLiteトータルで26万台を売り上げているので、任天堂でも半導体不足に悩まされていると解釈することも出来ます。

まとめ

おそらく、今回のランキングが今年最後となります。

次週は12/20~1/2の2週分まとめてのランキングになると思います。

ゲームソフトに関しては、おそらく今週と同様ピクリとも動かない結果だと思いますが、ハードがどうなるか注目です。

特に、PS5は年末年始でどう動くかが全く読めません

それほど”不安定”という事です。

願わくば、「PS5バカ売れ!」みたいな記事を書きたいと思うSUGITAでした。

それでは、今年のランキングはここまで(たぶん)。

本年もありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる