【ゲーム&ハード:週間ランキング】(2021年12月6日〜12月12日)

週間ゲームランキング

毎週恒例の週間ゲームソフト・ハード販売ランキング。

集計期間は2021年12月6日〜12月12日のランキングになります。

それでは、いってみましょう。

※ゲームソフト販売本数・ハード販売台数データデータは『ファミ通.com』を参照にしています。

目次

ゲームソフトランキング

▼タップorクリックで拡大出来ます

TOP10を振り返る

9月の後半から毎週新作がランクインしていたTOP10ですが、12月を迎えて新作ランクイン無しで落ち着きを見せ始めました

それと同時にランキングの変動はピタリと止まり、膠着化しています。

おそらく、年明けまでこのランキングはほとんど変わることは無いでしょう

今TOP10に上がっているSwitchのゲームソフトはそれほど”強い”です。

去年、売れに売れた『桃鉄』も上がってきてます。

Switch一色となるランキングがどこまで続くのか?

それを破るPS・XBOXのゲームは現れるのか?

これが今後のランキングの注目どころになってくると思います。

ゲームハード販売推移

販売台数累計販売台数
Switch5万9460台1763万4683台
SwitchLite4万2799台432万7684台
Switch
(有機EL)
9万76台58万2248台
PS51020台99万8625台
PS5DE113台19万659台
XBOXSX450台7万908台
XBOXSS355台53225台

ハード販売推移を振り返る

販売台数の減少が止まらないPS5

先週、過去最低の販売台数を叩き出しましたが、まだまだ底が見えません

今週は何とPS5・PS5DE合わせても1,233台という数字です。

もはや「手に入らない」のではなく「そもそも日本国内向けに作ってない(推測)」と言っても過言ではないでしょう

来年はビックタイトルが目白押しなので、ここで増産して国内のシェアを高めておいた方が良いと思うんですけどね。

大丈夫かな?

一方好調なのはSwitch

今週も20万台近い販売台数をキープしてます。

Switchはクリスマスやお正月(お年玉需要)に向けて、さらに販売台数が加速して売れますのでまだまだ勢いは止まりそうにないですね。

後半になるほど強さを増すSwitchに注目です。

まとめ

個人的にPS5の販売台数についてはかなり心配しています。

北米で売れているという情報は聞いていますが、このままだと国内をないがしろにしていると思われていも仕方がないです。

「欲しくても手に入らない」という感情はやがて怒りから諦め(無関心)に変わり、PS5離れを起こしかねません。

だからこそ、年末年始のこの時期に増産してハードの母数を増やさないと、来年のAAAタイトルが売れないという事態になってしまいます。

事実今年がそうでしたし(ローンチタイトル売れてない)…。

これまでにない素晴らしいハードであることは実感しているので、もっと地場(国内)を固めて欲しい。

そう思います。

以上、2021年12月6日〜12月12日のランキングでした。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる