スポンサーリンク

すぎた的ファイナルファンタジーシリーズで印象に残っているラスボス5選【番外編もアリ】

ファイナルファンタジーシリーズで印象に残ったボス5選▶information

現在、『全ファイナルファンタジー大投票』というイベントが行われています。

皆さん、投票されましたか?

投票期間は2020年2月11日(火) 午後11時59分までですので、これまでの思い出を振り返りながら投票すると楽しいですよ♪

今回は、これまでのファイナルファンタジーシリーズ(ナンバリングタイトル)の中で、自分が印象に残っているラスボスを5体ほど順位付けして紹介していこうと思います。

あわせて、番外編として『ボスではないが、苦しめられた敵』を2体ほど厳選して紹介しますね。

それでは、さっそくいってみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【第5位】ブーニベルゼ+(FFⅩⅢ)

画像は『全ファイナルファンタジー大投票』公式HPより引用

ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーⅩⅢ』のラスボス。

【理由】そもそも、FFシリーズの中で最も好きなバトルシステムが、『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーⅩⅢ』なんです。

歴代のナンバリングタイトルの中で、一番完成されたバトルシステムだと思っています。

ラスボスのブーニベルゼは、ブーニベルゼ」と「ブーニベルゼ+(プラス)」という2種類があり、「ブーニベルゼ+」は、とにかく強かった!印象がありました。

一番好きなバトルシステムだからこそ、好きなラスボスでもありました。

【第4位】セフィロス(FFⅦ)

FF7のラスボス。

第4位の「セフィロス」は、「リバース・セフィロス」と「セーファ・セフィロス」両方をさします。

画像は『全ファイナルファンタジー大投票』公式HPより引用

FFシリーズ初となる”3Dポリゴン”で表現された作品。

特に「リバース・セフィロス」では、パーティー全員で挑むバトルにとてもアツくなったのを覚えています。

セーファ・セフィロス」は、やはり”圧倒的な存在感”ですよね。

まさに”天から降りてきた様な登場演出”は、当時は圧巻でした。

極めつけは、やはり音楽です。

片翼の天使』は、本当にカッコイイ!

ダークな世界観をまといつつも、神々しさを感じさせる音楽」は今でも聞き惚れます。

【第3位】暗闇の雲(FFⅢ)

画像は『全ファイナルファンタジー大投票』公式HPより引用

FFのラスボス。

このボスは、「とにかく苦労した」という思い出が非常に強く、トラウマレベルで脳裏に刻まれています。

苦労ポイント
  1. ラストダンジョンがとても長く、ラスボスにたどり着くまでが地獄
  2. やっとの思いでたどり着いたのに、「波動砲」で一掃された時の絶望感がとんでもない

ラストダンジョンがとても長く、ラスボスにたどり着くまでが地獄

当時のファミコンのRPGの風潮として、「鬼の様に長いラストダンジョン」というのが挙げられます。

FF3はそれがさらに顕著で、ラスボスにたどり着くまでに3時間は余裕でかかる仕様。

今では考えられないのですが、ラストダンジョンは、突入すると途中でのセーブポイントは一切ありません

全滅したら、一からやり直しです。

特に、FFⅢのラストダンジョンは、通常の敵も強く、中ボス(ケルベロス・エキドナ・アーリマン・ツインヘッドドラゴン)も鬼の様に強いです。

そのため、ラスボスにたどり着く頃は、虫の息で到達するという状態でしたね。

やっとの思いでたどり着いたのに、「波動砲」で一掃された時の絶望感がとんでもない

そんなこんなでラスボス「暗闇の雲」に挑むのですが、今までの敵が可愛く見えるくらいの強さを誇ります。

特に「波動砲」は強烈で、下手すると一撃で全滅なんてこともありました。

本当に、幾度となく全滅したため、歴代FFシリーズの中でも、「2度と戦いたくないラスボス」として印象に残っています。

【第2位】ブラスカの究極召喚[ジェクト](FFⅩ)

画像は『全ファイナルファンタジー大投票』公式HPより引用

FFⅩのラスボス。

正確に言うと、”ラスボス1歩手前”といった感じでしょうか。

FFシリーズの中で、「一番倒したくないラスボス」でした。

戦う前のムービーで、めっちゃ泣きましたもんね

ハードがPlayStation2に移行し、グラフィックの表現が大幅に進化したことと、FFⅩのストーリーが非常に素晴らしいこともあり、ガチガチにハマり倒しました

主人公のティーダと、父親のジェクトが最後に戦う運命であることを分かった上でも、「いやだ!戦いたくない!」と思うほど感情移入してしまいました。

本当に名作ですね。

【番外編】ボスではないが、苦しめられた敵 2選

1位の前に番外編として『ボスではないが、苦しめられた敵』を2体紹介します。

はっきり言って、「2度と戦いたくない敵」といっても良いです。

ヒルギガース(FFⅡ)

画像は『全ファイナルファンタジー大投票』公式HPより引用(アイスギガース)

たぶん、FFⅡの中盤だったでしょうか?

当時、ファミコンでプレイしていて、

「………ボス??」

と、勘違いするほど強かった印象があります。

道中は何度も「ヒルギガース」に全滅を余儀なくされました

モルボルグレート(FFⅡ)

画像は『全ファイナルファンタジー大投票』公式HPより引用

こちらもFFⅡの敵。

ラストダンジョンに配置されており、当時は友人と

「ラスボスより強い敵。出現したら逃げるしかない!(絶望)」

と、出現した瞬間にヒートアップ+絶望するほどでした。

『FFⅡ』に出てくるモルボルグレートは、他のシリーズに出てくるモルボルグレートとくらべて、凶悪さが全く違います

おなじみの「臭い息」が

  • 眠り
  • 沈黙
  • マヒ
  • 混乱
  • 小人

と、状態異常のフルコースを喰らいます。

しかも、

1体で出てくることは稀で、2~4体とつるんで出てくるので、エンカウントした瞬間に「全滅」の2文字が頭をよぎります。

FFⅡでトラウマになるほど全滅させられたので、他のシリーズで出てくるモルボルグレートが可愛く感じるほどです。

【第1位】ケフカ(FFⅥ)

画像は『全ファイナルファンタジー大投票』公式HPより引用

FFⅥのラスボス。

正確には、最終形態「ケフカ」に至るまでのすべて(たぶん、「神々の像」という名称だったと思う)です。

強さが印象に残っているわけではないです。

スーパーファミコンのスペックを、余すことなく使い倒したグラフィック。

1段階目から最終形態に移行する過程の演出。

そして、圧倒的な音楽。

特に音楽については、私の中では圧倒的に1番です。

まさに”神と対峙したかと思えるほどの圧倒的で迫力のある音楽

段階を追うごとに、更に天に誘われるかのごとく変化していくメロディー

本当に好きすぎて、今でもYouTubeでラスボス戦の動画は何回も見てます

これが、スーパーファミコン時代に再現された音楽だと思うと本当に凄い!

まとめ

いかがでしたか。

ファイナルファンタジーシリーズは、誰しもがやったことあるゲームですので、個人的に印象に残っているボスや敵・音楽は、各個人たくさんあると思います。

私はブログという手段を使って紹介したのですが、皆さんも印象に残っている敵や音楽などありましたら、教えてくださいね。

以上、『ファイナルファンタジーシリーズで印象に残ったボス5選』でした。

▼あわせて読みたい

タイトルとURLをコピーしました