スポンサーリンク

2020年1月発売のおすすめゲームを3つ紹介(PS4)

2020年1月紹介▶月1新作ゲーム紹介

2020年1月に発売されるPS4のソフトで、個人的に注目しているソフトを3つ紹介していきます。

▼1月注目ソフト

発売日タイトル名
1月16日ドラゴンボールZ KAKAROT
1月16日龍が如く7 光と闇の行方
1月16日神田川JET GIRLS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今月は1月16日(木)に集中している

今月の注目作は、すべて1月16日(木)に集中しています。

基本的に、毎週木曜日がゲームの発売日となることが多いのですが、注目作がガッツリかぶりましたね。

では、1つずつ紹介していきます。

ドラゴンボールZ KAKAROT(カカロット)

オープニングムービーで心躍る!

オープニングムービーで使われているテーマ曲は、『CHA-LA HEAD-CHA-LA』。

これだけでウキウキしてきます。

「ドラゴンボールZ KAKAROT」オープニングムービー
動画は『ドラゴンボール Z KAKAROT』公式HPより引用

ゲームシステム

今作のゲームシステムは、「ドラゴンボールZ」の世界観を追体験しながら進めていく”アクションRPG”となっています。

ホームページを確認すると、「すべての行動が成長につながる”戦闘力システム”」というものです。

具体的には、

  • バトル
  • 料理
  • 修行
  • 探索
  • コミュニティ

これらがすべて自身のレベルアップに寄与してくるとのこと。

また、かめはめ波などの必殺技は「スキルツリー」で習得するようです。

アニメの世界を”操作できる”喜び

画像はAmazonより引用

オープニングムービーをご覧いただいてもわかる通り、

アニメのグラフィックをそのままゲームに移植してきた

と思えるほど(実際にそうとしか見えない)、世界観が出来上がっています

特に、バトルの没入感は相当すごいと思いますので期待の作品です。

龍が如く7 光と闇の行方

今年1発目の注目作です。

主人公もバトルシステムも一新した”ナンバリングタイトル”

今作の最も注目されている部分は

  • 主人公が「桐生一馬」から「春日一番」に変わった
  • バトルシステムが「アクションRPG」から「コマンド型RPG」に変わった

この2つです。

バトルシステム

画像は『龍が如く7 光と闇の行方』公式HPより引用

特にバトルシステムの変更は、往年のファン(自分も)からは

コマンド型?いったいどうなるんだ?

と注目が集まっています。

ホームページを確認すると、

本作のバトルは、『龍が如く』シリーズが培った喧嘩アクションと、RPGコマンド選択システムが融合した「ライブコマンドRPGバトル」で、誰でも爽快なバトルを楽しめる!

『龍が如く7 光と闇の行方』公式HPより引用

とのこと。

ヒートアクションも健在で、バトル中に思わず笑ってしまうような演出もあるのが『龍が如く』シリーズの醍醐味ですよねw

個人的に似てるなと思ったのが『ライトニングリターンズ ファイナルファンタジーXⅢ』のバトルシステム。

画像は『LIGHTNING RETURNS : FINAL FANTASY XIII』公式HPより引用

こちらは、バトルフィールド内を自由に動き回れることができ、ATB(アクティブタイムバトル)ゲージを消費しながら戦うスタイル。

個人的には「ATBの完成形」と称賛していますが、どこか似た印象を受けました。

神田川JET GIRLS

『神田川JET GIRLS』は、『閃乱カグラ』『VALKYRIE DRIVE』を手掛けた高木謙一郎氏がメインプロデューサーを務める事でも話題ですね。

ゲームシステム

画像はAmazonより引用

架空の近未来東京の河川で行われる水上レースゲーム

マシンを操作するジェッター」と、ウォーターガンで相手を攻撃するシューター」の2人1組でレースが展開されます。

ただのレースではなく、”攻撃ができる”というのが面白いですね。

「爆乳・爆走」というフレーズに惹かれたw

PlayStation®4『神田川JET GIRLS』プロモーション映像①
動画は『神田川JET GIRLS』公式HPより引用

なぜ、私が『神田川JET GIRLS』という作品に注目したかというと、プロモーション映像を見たから。

こういうゲームの印象は、エロの部分は暗に隠して紹介すると思っていましたが、映像内でハッキリと「爆乳・爆走」と言ってて「潔い!」と感じましたw

実際、ゲーム内容自体も面白そうで、ボリュームもあるみたいなのでシンプルに注目しちゃいました。

まとめ

2020年のスタートは、去年と比べると落ち着いていると思いました。

けど、よくよく考えると、去年は『エースコンバット7』『キングダムハーツⅢ』『バイオハザードRE:2』とAAA作品が軒を連ねていた状態なので、案外普通の出だしかもしれません。

以上、1月の注目作の紹介でした。

▼あわせて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました