スポンサーリンク

2020年12月発売のPS4のゲームをピックアップ!

2020年 12月▶月1新作ゲーム紹介

2020年12月に発売されるPS4のゲームソフトを紹介します。

12月は比較的ゲームの発売が少ない時期ですが、注目作は色々あります。

それでは、いってみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『イモータルズ フィニクス ライジング』

画像は『ファミ通.com』より引用

【発売日】2020年12月3日(木)

UBIソフトが新たなオープンワールドゲームをリリースします

ギリシャ神話をモチーフにしたアクションRPG。

『アサシンクリード オデッセイ』の開発スタッフが手掛ける作品です。

これまでのUBIソフトのようなリアル路線ではなく、描写はファンタジックなものとなっています。

バトルでは空中戦やコンボも存在するらしく、かなり本格的な戦闘が楽しめそう

謎解き要素もあるため、結構楽しめる作品だと思いますよ。

注目の作品です。

『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』

画像は『ファミ通.com』より引用

【発売日】2020年12月3日(木)

『アトリエシリーズ』の22作目となる『ライザのアトリエ2』が発売されます。

サラリと”22作目”と書きましたが、非常に歴史の長いシリーズですよね。

前作『ライザのアトリエ』の3年後を舞台とした正当続編なので、いきなり『ライザのアトリエ2』から遊ぶよりは前作から復習しておいた方がよさそうです。

プレイエリアが村から街へと拡大していますが、広さ的には前作と同様みたい。

ただ、水面や水中といった探索エリアの拡充があるため、より立体的に冒険を楽しめるのがかなり魅力的です。

まぁ、個人的にはキャラクターが一番魅力的ですw

『電車でGO!! はしろう山手線』

画像は『ファミ通.com』より引用

【発売日】2020年12月3日(木)

これは結構売れると思いますよ!

家庭用ゲーム機としてはDSの『DS山手線』から10年ぶりですからね。

待っていた人は多いはずです。

特に、今回は「PSVRに対応している(一部)」というのがポイント。

高輪ゲートウェイ駅が収録されているのも大きな魅力です。

VRで体験する運転席からの風景はどのように広がっているのか?

想像するだけでもワクワクしますね。

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』

画像は『ファミ通.com』より引用

【発売日】2020年12月4日(金)

2019年にSwitchでリリースされた『ドラクエ11S』がPS4版として発売されます。

最初にPS4で発売され、その後拡張版をSwitchで発売。

そして、PS4に戻ってくるという流れから”逆輸入”みたいに感じになっています。

派手に売れる事は無いと思いますが、売上が極端に少ないという事もないでしょう。

キャラクターボイスを初めて採用した『ドラクエ』でもあるため、今までとは違う感覚でプレイできそうです。

『サイバーパンク2077』

画像は『ファミ通.com』より引用

【発売日】2020年12月10日(木)

次こそ本当に発売されるのか?

どうしても一抹の不安を拭いきれないPS4最後のAAAタイトルが12月10日に発売(予定)です。

これまで3度の延期がありましたが、3度目となるマスターアップ後の延期はかなり驚きでした。

マスターアップしても尚延期したのには、開発者が納得出来ない理由があったんでしょうね。

各ハードでの最適化と言っていますが、恐らくローカライズ系をもう一度詰めてる気がします。

あと私の予想ですが、そこまで売れないような気がします

11月に多くのゲームが発売されたため、取り急ぎ欲しいゲームでは無くなった感があります。

”積みゲー”になってしまいましからね。

また、12月上旬にPS5が行き渡ればPS4版を敢えて買うよりPS5版を待つという選択肢も出来そう。

3度にわたる延期がどう響いたかも注目したい作品です

まとめ

もともと12月はゲームソフトの発売が少ない月ではあります。

PS5の発売に合わせ、11月に大量のゲームが投入されたのも影響しているかもしれません。

11月の購入したゲームを12月~1月とかけて消化していく流れになるため、売り上げ自体もそこまで派手になることは無さそうです。

以上、2020年12月のゲームピックアップでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました