【ゲーム&ハード:週間ランキングTOP10】(2022年11月14日〜11月20日)

週間ゲームランキング

毎週恒例の週間ゲームソフト・ハード販売ランキング。

集計期間は2022年11月14日〜11月20日のランキングになります。

それでは、いってみましょう。

※ゲームソフト販売本数・ハード販売台数データデータは『ファミ通.com』を参照にしています。

目次

ゲームソフトランキングTOP10(※パッケージ版)

▼タップorクリックで拡大出来ます

TOP10を振り返る

今週の1位はやはり『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』でした。

気になる初週売上本数ですが、何と驚異の253万7292本です!

しかも、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』は、ダウンロード版を合わせると、発売3日間で国内の販売実績は405万本に及び、世界販売本数は1000万本を達成したとのことです!

これは、歴代任天堂ハードのゲームソフトで最高記録だというので驚き!!

またもや凄い記録を打ち立ててしまいました。

ある意味、常に1位を必達とされるゲームなので、開発に携わる人たちのプレッシャーも相当なものだと思いますが、それをしっかりとクリアしてくるのが凄いです。

その他の新作ですが『モノクロームメビウス 刻ノ代贖』が4位にランクインし約9千本を売り上げています。

8位にはトレカを題材とした『カードファイト!!ヴァンガード ディアデイズ』と、9位には女性向け恋愛アドベンチャーゲームの『SympathyKiss』がランクインする結果となりました。

ゲームハード販売推移

販売台数累計販売台数
Switch2万
7656台
1886万
6523台
Switch
Lite
4万
432台
497万
529台
Switch
(有機EL)
10万
2605台
308万
3839台
PS52万
6946台
184万
8649台
PS5
DE
4912台29万
1848台
XBOX
seriesX
1373台16万
8640台
XBOX
seriesS
154台21万
2419台

ハード販売推移を振り返る

『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の発売もあってか、Switchがバカ売れしています。

Switch(有機EL)に関しては、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』同梱版も影響してか10万台を売り上げるという結果になっています。

特に注目なのはSwitchLiteで4万台を売り上げてます。

私も通勤電車の中でSwitchLiteでポケモンしている人の姿をよく見かけるようになりました。

ポケモンとSwitchLiteは非常に相性が良いみたいです。

PS5も今週は約2万6千台の販売台数でかなり順調です。

この調子をキープして12月のホリデーシーズンに突入してほしいところです。

まとめ

それにして『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の売上は凄まじかったですね。

まさかここまで売れるとは思いもしませんでした。

おそらく来週も100万本単位の販売本数になると予想されます。

前述しましたが、Switch、特に任天堂の作品は「出せば売れる」と思われがちですが、作っている人たちのプレッシャーがかなりあると思うんですよね。

その高い目標をクリアするのってかなり難しいことだと思うんです。

「みんなの期待通り…いや、それ以上の作品を作り世に出す」って凄い。

今回そのことを改めて実感したランキングでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次