【ゲーム&ハード:週間ランキングTOP10】(2022年10月31日〜11月6日)

毎週恒例の週間ゲームソフト・ハード販売ランキング。

集計期間は2022年10月31日〜11月6日のランキングになります。

それでは、いってみましょう。

※ゲームソフト販売本数・ハード販売台数データデータは『ファミ通.com』を参照にしています。

目次

ゲームソフトランキングTOP10(※パッケージ版)

▼タップorクリックで拡大出来ます

TOP10を振り返る

先週は新作8作品がTOP10に入るという賑わいを見せました。

今週は新たに2作品が初登場作品としてランクインしています。

まずは『ハーヴェステラ』が2位にランクインし、約2万6千本を売り上げています。

『ハーヴェステラ』は、スクエアエニックスが手掛ける「ファンタジー×生活シミュレーションRPG」で、ほのぼの系シュミレーションかと思いきや、結構シリアスな内容の物語が展開する作品のようです。

続いては『ドラえもん のび太の牧場物語 大自然の王国とみんなの家』が3位にランクインし、約1万1千本を売り上げています。

こちらも同様にシュミレーションゲームとなっています。

個人的には『ドラえもん のび太の牧場物語 大自然の王国とみんなの家』がもう少し売れるかなと思っていましたが、その予想は外れてしまいました。

尚、前回新作でランクインし、今週もTOP10に残ったのは『ベヨネッタ3』『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』『釣りスピリッツ 釣って遊べる水族館』の4作品。

意外と残っているなという印象です。

ゲームハード販売推移

販売台数累計販売台数
Switch1万
3869台
1882万
4546台
Switch
Lite
1714台490万
5047台
Switch
(有機EL)
7万
4895台
292万
3063台
PS51万
2014台
179万
6038台
PS5
DE
1260台28万
3885台
XBOX
seriesX
450台16万
7006台
XBOX
seriesS
2663台21万
1778台

ハード販売推移を振り返る

ハードに関してですが、停滞気味だったSwitch(有機EL)がここにきて約7万5千台を売り上げるというとんでもないことになっております!

先週の3倍近い伸びにちょっとびっくり。

任天堂の決算報告会では、半導体不足の影響でハードの販売は減少しているとのことでしたが、持ち前の安定力は健在のようです。

一方のPS5。

PS5は「月初の販売台数はグンと減少する」という一つの傾向を掴んでいましたが、11月もやはりその傾向がでました。

ただ、これまでのように数千台しか売れないということはなく、1万台を超えています。

『グランツーリスモ7同梱版』や『ホライゾン同梱版』で何とか販売台数を維持できるようになってきているのかもしれません。

まとめ

今週は先週に比べて新作は少なかったものの、先週初登場した作品群が健闘している週になりました。

来週ですが、11月のAAAタイトル『ゴッドオブウォーラグナロク』がいよいよリリースされます。

『スプラトゥーン3』の勢いを見る限り、1位を獲得するのはかなり難しい状況だと思いますが、2位には食い込んでくるとは思います。

合わせて、ハードの販売台数も上がるのかにも注目して来週のランキングを追ってきたいと思います。

以上、2022年10月31日〜11月6日のランキングでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次