スポンサーリンク

【初見レビュー】Death Strandingの感想 ※ネタバレなし

▶ゲームレビュー

2019年11月8日(金)、待ちに待ったあの作品が発売されました!

Death Stranding(デス ストランディング)!!!

「メタルギア」シリーズを手掛けた”小島秀夫”監督の、独立後初となるファン待望の作品。

もちろん私も、そのファンの1人です。

すでに予約済だったので、GEOの開店と同時に購入しました。

ゲーム開始から4時間ほど遊びました。

まだまだ序盤ですが、簡単なレビュー記事を書いてみようと思います。

※ネタバレはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲームジャンルは「ストランド・ゲーム」

これ、パッケージの裏にちゃんと書いてあるんですよ!

ね?

”デス・ストランディング”の発生により、分断された世界を、「運び屋」であるサムが”絆”とともに「繋ぐ」物語。セミ・オープンワールドのゲームという印象です。

既存のジャンルに当てはめるなら「お使いゲー」ということになると思いますが、プレイした感覚では「お使い」してる感はほとんどないです。

映画です。小島監督監修の映画です!

『DEATH STRANDING』ローンチトレーラー 4K

毎回そうなのですが、ストーリーにしても、グラフィックにしても、音楽にしても、コマ割りにしても、

鳥肌が立つくらい見入る!聞き入る!震える!

「これを待っていたんだ!」と口にするくらい圧倒的です。

本当に映画にできると思います。

序盤だからと思いますが、ムービーシーンが多いです。小島監督のゲームの特徴ですよね。

操作に癖があるが、遊びにくいわけではない

初めて主人公のサムを動かしてすぐに感じたこと。

「これは癖があるな」

操作に「慣性」が細かく働きます。重量によって止まりにくくなったり、ふらついたりとします。

なれるまではよく転びます。けど、R2+L2押しで踏ん張ることができるのですぐ慣れます。

特段遊びにくいと感じることはないです。

むしろ、「よくここまで突き抜けた設定にしたな。さすがだ!」と唸りました。

梯子(はしご)やロープの設置なんかも面白いですね。

行動範囲が広がるのをしっかり実感できます。

相変わらずの細かいつくり込みにニヤける(笑)

例えばこのシーン

途中で座って休憩することができるんですが、「肩をマッサージ」というコマンドがりますよね?

重い荷物を背負って移動しているから、肩こりをほぐすんでしょうね。

また、「排尿する」というコマンドもありますw

小島監督の作品て、こういう細かい「思わずニヤける」操作や演出があるので大好きなんですよねww

正直、好みが分かれるゲームかな

ただ、好みは分かれると思います。

私のように「小島監督のゲームで遊べることに至上の幸せを感じる人にはたまらないでしょうが、サクサク進みたい人にはムービーシーンは煩わしく感じるでしょうし、「敵を倒してすすむ」ようなアクション的な要素は、今のところありません

とはいうものの、これまでのゲームの歴史を塗り替える作品であることは間違いないです!

まずは小島監督の世界を体験してほしい。という、初見レビューでした。

デスストランディング

コメント

タイトルとURLをコピーしました